FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

カテゴリ
ランキング
ブログランキング
フリーエリア
ブロとも一覧
 皆さんは、台湾での通信手段はどうしてますか?最近、スマホの機能がアップし、Google Mapを利用して観光地、レストランの場所を探すことが多く、台湾旅行の際にはWIFI端末やSIMが必須になってきていると思います。
 日本の端末は、SIMロックがかかっている端末が多いので、Wi-Fiルーターを必要とする人が多いと思います。
 ということで、今回は、台湾の通信手段のひとつであるお得なレンタルWi-Fiルーターを紹介したいと思います。
 今回は、プランが翻訳機能のみとなり、6月10日からリーズナブルな価格設定となりました。

台湾でお得なWi-Fiは「jetfi」






1.jetfiの概要

  「jetfi Taiwan」は、2014年10月に台湾で設立。台湾での第二種電気通信事業者になります。「クラウドSIMテクノロジー」を利用したWi-Fiルーターへネットワーク環境を提供する会社です。
jetfiname card
台湾で提供されるWi-Fi端末は以下です。特徴がありますが、メリットは後ほど説明したいと思います。
s_U_vlnQ2lzBr jetfi

2.jetfiのメリット

①価格が非常に安い!!
■端末は4G容量無制限+翻訳機能有りです。
   NT$130/日(定価) → NT$99/日
(クーポンコード「KENMM888」利用時)
   予約時にクーポンコード(KENMM888)を利用で24%オフになります。   
   1日当たり日本円換算約350円です。1か月借りても1万円です。
 *日本の空港で端末を受け取った場合の価格と比較してみましょう!!
   ・Global Wifi ・・・ 900円/日(4G無制限)
   ・イモトのWifi・・・1,050円/日(4G1GBプラン)
   ・Wi-Ho   ・・・  777円/日 (4G 無制限プラン)
  *圧倒的に安いことがわかると思います。

②台湾の空港(桃園空港)での受け取り、返却が24時間対応
 日本から台湾への主な直行便は、松山空港、桃園国際空港、高雄国際空港の3空港ですが、どちらの空港でも受取・返却が可能です。最近、日本から台湾(桃園空港)へのLCCの便が増え、桃園空港着が21:00以降とかなり遅い便もあります。そんな中、jetfiのカウンターは24時間営業なので、LCCでも安心です。松山空港は、7:00~22:00ですが、羽田→松山空港着野最終便の着時間が20:55ですから全く問題ありませんね。

*各空港の営業時間は、以下です。
 桃園国際空港ターミナル1・・・0:00-24:00 
(24時間営業)
 桃園国際空港ターミナル2・・・0:00-24:00 
(24時間営業)
 松山空港・・・7:00-22:00
 高雄国際空港・・・6:00-24:00

③機能豊富なWi-Fi端末
 a)バッテリー容量が大きい(5,350mAh)
   端末側にもUSB接続コネクタがあり、モバイルバッテリーとしても利用可能。
   旅行しているとき、万が一、スマホのバッテリーがなくなっても安心。
 b)翻訳機能付き
使い方は非常に簡単です。スタート画面から右側の翻訳ボタンをクリック!!
s_DSC_0138jetfi.jpg
こちらが翻訳画面です。クリックひとつで、文字と音声両方で翻訳してくれます。結構、翻訳精度は高いです。
翻訳
台湾で言葉に困ったときには活躍すること間違い無しです。
 c)4G容量無制限
 新幹線を乗っていて、台北地下になると電波が悪くなりますが、jetfiは全く問題ありませんでした。Google Mapやインターネットで調べものをすると結構容量を食うので、容量無制限は非常に安心です。
 d)最大5台まで接続できる
  複数人で旅行する際にもWi-Fiルータが1台で済むので、安くつきますね。

3.jetfiの予約方法

Wi-Fiの予約方法ですが、こちらのURLから。必ずクーポンコード「 KENMM888 」を入れてください。
https://dl.gl/Ep7GNR99y
上記URLをクリックすると以下の画面になります。
jetfi syokai
次の画面で申し込み記入を示します。
記入方法は青で示してます。必ずクーポンコードを入れてください。
jetfi2.jpg
jetfy3.jpg
以上が予約方法ですが、端末の受取・返却場所ですが、現地(台湾)の空港になります。

4.jetfi端末の受取・返却場所

Jetfi端末の受取場所と返却場所は以下の通りです。空港以外でも可能な場所があります。
s_jetfi3.jpg
借りた時の航空便は、JALでしたので桃園空港のターミナルは2(T2)になります。
カンターの場所は、税関審査を終えて出るとすぐに右方向に歩きます。
s_DSC_0104jetfi.jpg
突き当りを再度右折します。
s_DSC_0105jetfi.jpg
カウンターは色々ありますが、一番奥のカウンターになります。黄色が基調となっていますので、黄色を目印にしてくださいね。カウンターでの対応は非常によく、使い方も教えてくれました。端末を受け取って、電源を入れ、パスワードを入力するとすぐにインターネットを使用できます。わからない場合でも教えてくれますので安心してくださいね。
s_DSC_0106jetfi.jpg
こちらが端末を収納するケースです。
s_IMG_5884jetfy.jpg
収納ケースの中身です。端末、ACアダプター、USBケーブルBタイプ2つ、使い方ガイド、Shoplineガイドが入ってます。ACアダプターとUSBケーブルが2本入っているのはいいですね。
s_IMG_5883jetfy.jpg

5.その他

①カウンターで悠遊カードを購入できます。(100元)
 悠遊カードは、日本でいうとSUICAのようなものになります。電車、バス、コンビニ等どこでも使用できますので、購入することをお勧めします。カードのデザインは色々とあります。私は「Hello Kitty&Nya-」のカードデザインでした。
s_DSC_0112jetfi.jpg
・悠遊卡(悠遊カード/Easy Card)の記事:
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-57.html
・悠遊カードが使用できる場所:
qrcode-app.png
②お土産をネットから予約し、帰りの空港で受取ができる。(受け取りは端末返却カウンターで受取出来ます)
こちらのURLから予約できます。
jetfi予約URL:https://jetfi.shoplineapp.com/products/5c91f600ea3944003b1cc040
土産は、シーホー・ミーパンという米菓子です。日本人には懐かしいお菓子です。他にもあります。
s_DSC_0111jetfy.jpg
s_DSC_0116jetfy.jpg
③端末の容量について
Jetfi端末の容量は無制限です。他のWi-Fiルーターで容量が少なく安いものもありますが、一人で行く場合でも無制限の方が安心です。もちろん複数人で使用する場合も、無制限の方がいいですが・・・。
実際私が、一人で使用した場合でも夕方には、かなりのデータを使用してました。メインはGoogle MapとTwitterの使用です。
s_IMG_5889jetfy.jpg
以上です。今回は、台湾でのお得なWi-Fiルーターのご紹介でした。

以下再度jetfi予約リンクです。
https://dl.gl/Ep7GNR99y
2019/06/11 20:13 便利な台湾旅行情報 TB(0) CM(1)

 台湾への旅行者なら必ず利用する台北の中心駅「台北車站(台北駅)」。この駅は、台北のターミナル駅となります。台鉄、高鐵(台湾新幹線)、MRT、各地へとつながっているバスがこの駅から出てます。
 今回は、皆が利用する台北車站/台北駅の紹介をしたいと思います。




1.台北駅の歴史


 まずは、台北駅の歴史からの説明からです。台北駅は、現在の駅舎で4代目になります。
 それぞれの歴代駅舎を説明していきたいと思います。

【1代目台北駅】
1代目の台北駅は、清時代の1887年に起工されました。場所は、現在の台北駅にある場所ではなく、大稻埕にあった「大稻埕駅」という名前の駅でした。場所は、現在の中興医院付近のようです。
s_1代目台北png
これが1901年の台北市内の地図ですが、駅は淡水河の近くにあったことがわかります。赤で囲ったところになりますが、北門からみて、北西の場所です。
s_s_1901蟷エ蜿ー蛹怜慍蝗ウ

【2代目台北駅】
 2代目台北駅は1901年に開業しました。現在の台北駅の場所です。明治の建築王とも呼ばれた辰野金吾が愛した意匠で、「辰野式」と呼ばれる様式です。この様式は、台湾総統府の建物でもみることができます。辰野金吾は、東京駅の設計にもかかわっています。初代駅舎は汽車製造の工場となり、1908年に撤去されました。
s_2代目台北png

【3代目台北駅】
3代目の駅舎は1940年6月20 日に完成。設計は宇敷赳夫。写真を見ると、台南駅や嘉義駅と似てます。そうです、この2駅も同じ設計者なのです。
s_3代目台北png

【4代目台北駅】
4代目の駅舎は1989年に完成しました。現在の駅舎ですね。
s_4代目台北png

2.台北駅舎について


現在の台北駅の外観です。
s_DSC_0658.jpg
s_DSC_0660.jpg
s_DSC00168.jpg
駅構内。構内は、非常に広々していて、開放感がすごくあります。
s_IMG_3763台北駅
s_IMG_3764台北駅
s_IMG_3765台北駅
屋根からは自然光が入ってきます。
s_DSC00172.jpg
2階に微風広場というフードコートがあります。
微風台北車站ホームページ:
https://www.breezecenter.com/branches/003
s_DSC00166台北駅

3.台北駅の乗り場(月台)


現在の台北駅の乗り場についてです。ターミナルということもあり、かなり複雑です。
【高鐵(新幹線)】
■1A・1B
  下り・・・ 板橋、桃園、台中、左営方面
■2A・2B
  上り・・ 南港方面
【台鉄】
■3A・3B
 西部幹線(下り)・・・ 台中、高雄、屏東、枋寮方面
 東部幹線(直通上り)・・・ 樹林方面
■4A・4B
 西部幹線(上り)・・・ 松山、汐止、七堵、基隆方面
 東部幹線(直通下り)・・・ 宜蘭、花蓮、台東、高雄方面
【MRT】
■1
  淡水信義線(上り)・・・ 北投・淡水方面 *カラー:赤
■2
 淡水信義線(下り)・・・ 大安・象山方面 *カラー:赤
■3
板南線(上り)・・・ 市政府・南港展覧館方面 *カラー:青
■4
板南線(下り)・・・ 亜東医院・頂埔方面 *カラー:青
■その他
 MRT桃園空港線(桃園機場捷運)は、少し離れた場所にあります。北門駅近くになります。

4.台北駅周辺


台北駅周辺です。日本メーカーの看板がたくさんあります。キヤノンの看板のところが日本人がよく泊まるコスモスホテルです。
s_DSC_0659.jpg
s_DSC00184台北駅
駅前には、1923年に日本車輌で製造されたナローゲージの機関車の展示されいます。少し小さめの機関車ですね。
s_IMG_3767台北駅
s_DSC_0018台北駅
s_DSC_0017台北駅
s_IMG_3768台北駅
MRT北門から見た台北駅。手前に見える紫をベースにした駅はMRT桃園線の台北駅になります。奥手にあるのが、台鉄台北駅です。同じ台北駅でも場所は、少し離れています。
s_DSC_0111台北駅

5.夜の台北駅


夜の台北駅。夜はライトアップされて非常に綺麗です。時間帯によって、色がかわります。
s_IMG_3379台北駅
s_IMG_3449台北駅
s_DSC_0144台北駅
台北駅は、利用するだけでなく、夜の駅も見てみると、昼間と違った雰囲気が味わえますよ!!







2019/05/24 22:32 便利な台湾旅行情報 TB(0) CM(2)

  今回は、日本の空港で台湾のSIMを購入する方法です。日本で購入できる台湾SIMは、中華電信製で、成田空港、羽田空港、関西空港、福岡空港の各空港で購入できます。テレコムスクエアという会社が取り扱いを行っています。持っているスマホorタブレットがSIMフリーでないと使えませんので、注意して下さい。

【空港のどの場所で購入できるか?】
・成田空港 第2ターミナル 地下1階 「モバイルセンター成田第2」 (営業時間7:00-21:00)
s_DSC_0036テレコムスクエア
・成田空港 第1ターミナル 地下1階 「モバイルセンター成田第1」 (営業時間7:00-21:00)
・成田空港 第3ターミナル 本館2階 「モバイルセンター成田第3」 (営業時間6:00-21:00)
・羽田空港 国際線旅客ターミナル 3階 出発ロビー 「モバイルセンター羽田空港」 (営業時間6:30-23:00)
・関西空港 国際線ターミナルビル 1階 「モバイルセンター関西空港中央」 (営業時間7:00-21:00)
・福岡空港 国際線ターミナルビル 1階 「テレコムスクエア福岡空港」 (営業時間8:00-21:30)

【どういうタイプのSIMカードか?】
 4Gデイ型プリペイドカード 5デイタイプの1種類のみ。
 料金:1,400円(不課税)・データ通信量:無制限・通話:通話料50元分無料

【購入するために必要なものは?】
 ・購入するためのお金、証明書2種類(パスポートは必須で、搭乗する航空券か免許証)
【購入後、渡されるもの】パッケージを渡されます。
中華電信1png
パッケージはシールで封印されていますので、シールを切って中身を開くと、SIMカードが入っています。赤枠で囲ったところがSIMカードになります。
中華電信sim
裏面には、電話番号が明記してあります。
中華電信sim3

【設定の仕方について】
日本で、設定しても使えるかどうかわかりませんので、台湾に入国してからの使用できるかどうかの確認になります。
設定の仕方は、Andoroidの場合、設定→ネットワークとインターネット→モバイルネットワーク→アクセスポイント名→APNに「internet」と入力入力。これで終了です。

【台湾で使用できない時の対応】
各空港でカウンターで確認できます。カウンターは以下の場所になります。
中華電信4
中華電信5
*街中にある中華電信のショップでも対応してもらえます。
 よい台湾の旅を・・・
【台湾現地ツアーのチェックなら】






2018/10/02 00:00 便利な台湾旅行情報 TB(0) CM(0)
 入国・出国審査の際、長い時間がかかる場合がありますね。特に桃園空港の入国手続きは長蛇の列で嫌になってしまうことがあると思います。それを解消する方法があるんです。よく台湾に行かれる人(1年に3回以上行く人)は、ぜひ、手続きをしてみてください。
 入出出国を早く済ます方法です。
 台湾通で、何回か行っている方は知っている人が多いと思いますが、以下の手続きで「常客証」を申請して、通常の入出国審査の時に別の列で入出国許可を受ける方法です。




それでは、申請の方法を説明します。
【常客証の申請の仕方】
ホームページから申請手続きをします。
以下ホームページ
https://niaspeedy.immigration.gov.tw/nia_freq

【ホームページからの入力方法】
常客証1

赤で囲った部分をクリックします。
すると、画面が次に変わります。記入方法は以下の通りになります。
常客証2
常客証3
常客証4
以上を記入した上で、APPLYとクリックします。そしてPRINTボタンを押すとPDFの申請書出てきます。以下が常客証になります。
常客証PRINT1
入手出国の際の列ですが、台北松山空港は、一番右端です。桃園空港(第二ターミナル)の出国の際は、左端です。日によって列が変わることもあります。列の前の電光掲示板にSpeedy immigrationと書いてあります。よくわからない人は、係員に常客証を見せると、場所を教えてくれます。何度も台湾に行っている人には非常にお勧めです。
【台湾現地ツアーのチェックなら】






2018/10/01 00:00 便利な台湾旅行情報 TB(0) CM(0)
 皆さんは、台湾旅行もしくは、海外・国内旅行の際、航空券・宿泊ホテルの予約ってどうしてますか?
 私は、航空券と宿泊するホテルは別々に予約しますが、最近は、「ハピタス」というポイントサイト経由で予約します。またインターネットで購入する際(私は、楽天市場の利用です)、も同様に経由して購入します。
 なぜそんなことをするか?というと、ポイントを貯めて、現金化できるからです。
 17年度、ポイントでどれくらい現金化できたか?は以下の通りになります。

 換金額:25,986円 
 
 Pex・・・255,986ポイント(25,986円分)
      内訳 ハピタス・・・11,281円分
          ECナビ・・・  4,200円分
          その他アンケートサイト

 *17年度は、前半ECナビ、後半ハピタス経由でした。
   ハピタス、ECナビ、アンケートサイトとも最終的にPEXにポイント交換し、PEXから現金化してます。 
 *その他上記とは別に、楽天スーパーポイントが貯まっています。

【以下ポイントゲット一覧】
ハピタス経由
ハピタス(100P【1,000円分】) ---→ PEX(1,000P【1,000円分】) 
┗ポイント取得率(購入代金に対し)
  a.Expedia (宿泊費の3%)
  b.Expedia (国内・海外航空券購入で0.6%)
  c.楽天トラベル(宿泊費の0.6%)
  d. JAL国際航空券購入(購入で0.3%)
  e. JAL国内航空券購入(購入で25ポイント)
  f.楽天市場(1%)
  *ポイント%は、上記にプラスされる時期がありますので、ハピタスで確認してください。
  g.アンケートサイト
    リサーチパネルアンケート、マクロミル等
  *ポイントの詳細は、ECナビをご確認ください。
【現金化するためのサイト】
PEX交換サイト:http://pex.jp/
→現金やAmazonギフト券への交換も可能

ハピタスの登録の仕方
 以下をクリックして、登録してください。
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
*そのほか、日常生活でのアンケートでもポイントが貯まります。(それほどポイントは多くないですが)
ECナビの登録は以下から
毎日貯まるポイントサイトECナビ
 ECナビは、姉妹サイトのアンケートサイトであるリサーチパネルとポイントが共通ですので、日常のアンケートの回答で、ECナビポイントをさらに貯めることができます。(アンケートは比較的多めです。)

g.アンケートサイトは、以下です。
リサーチパネルの登録は以下から(アンケートのポイントは、そのままECナビポイントに加算されます)



【その他PEXのポイントを増やすためのアンケートサイト】
マクロミルの登録はこちらから(比較的多めのアンケート数)



キューモニターの登録はこちらから



その他、アンケートサイトはほかに、JMAモニター、D STYLE WEB等色々とあります。

以上ですが、私の知る範囲では、この位です。私はアンケートをまめに回答してませんが、細目にやれば、かなりのポイントが貯まると思います。

旅行の足しに出来たらいいですね!!



2018/05/07 01:16 便利な台湾旅行情報 TB(0) CM(0)
訪問者
台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
検索フォーム
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
13位
アクセスランキングを見る>>
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数
ブログQRコード
QR