FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
カテゴリ
フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア



 今回は、台北の南機場夜市にある水餃子店です。日本だと餃子というと焼き餃子のイメージが強いですが、台湾では水餃子が一般的です。餃子店といえば、どこも水餃子が多いですよ。
 夜市にある餃子店ですと、気軽に行けるのもいいですね。
 

店名:来来水餃店


住所:台北市中正區中華路二段309巷9號

営業時間:17:00-23:30

地図:


南機場の記事はこちらです。
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-南機場夜市
南機場夜市の入り口です。入口の上に南機場市場と赤くネオンが光っていますので、通りに来たところで夜市という子がわかります。
s_IMG_5476南機場
今回の来来水餃店の通りはこちらになります。夜市に入ってからひとつめの交差点がある通りにあります。この通りは、水餃店が多いです。
s_IMG_5483南機
こちらが来来水餃店です。お客さんが多く、座る場所を探すのが大変です。
s_IMG_5485lailai.jpg
席が空くのを待って、すぐに会い席につきます。店員さんに注文を伝えます。といっても2品目しかありませんが・・・。水餃と酸辣湯です。席に座って、店内を見回してみます。水餃は、10個で70元です。酸辣湯は(大)、(中)、(小)の3種類で、45、50、55元です。
s_IMG_5490lailai.jpg
営業時間は、17:00から23:30までです。
s_IMG_5489lailai.jpg
水餃は、こちらで大量に素早く作っています。皮も手作りです。
s_IMG_5487lailai.jpg
注文してから、酸辣湯が最初に来ました。台湾では珍しく少し辛めの味付けです。
s_IMG_5488lailai.jpg
しばらくしてから水餃が来ました。ぷりぷりです。肉汁もかなりあります。10個で70元というのは安いですね。
s_IMG_5492lailai.jpg
タレは自分で作ります。水餃子の中身は、豚肉と白菜です。
s_IMG_5493lailai.jpg
南機場夜市にあるお客さんの多い餃子店でした。






 日本の旅行者で必ず行く場所といえば中正紀念堂ですね。中正紀念堂近くのレストランは、小籠包、魯肉飯等の有名なお店が一杯あって、どこに行くか迷ってしましますね。今回は、超有名ではないですが、最近日本人のお客さんが増えてきた「黄龍荘」という小籠包、スープが食べれるお店の紹介です。

店名:黄龍荘

住所:台北市中正区牯嶺街43号

営業時間:10:00-21:00(月曜休み)

日本語対応:不可

注文の仕方:注文票に記入

台北NAVI 5%オフクーポン:https://www.taipeinavi.com/food/822/print/?I=Y&G=Y&C=Y&CP=Y

地図:

場所は、中正紀念堂駅2番出口を出て區羅斯福路を古亭駅方面に歩き、寧波西街を右折します。駅から徒歩10分弱で到着します。赤い看板に色々なメニューが書いてあります。これを目印に行ってください。
s_IMG_5282黄
店頭には、小籠包、蒸餃子、焼売、スープ類写真の看板があります。
s_IMG_5283黄
店内に入って、席につきます。店内は、非常に綺麗で外の光が多く入ってきます。地元の客さんも多いですが、日本人もちらほらいます。
s_IMG_5284黄
注文は、こちらの注文票に記入する形になります。台北には小籠包店が多くありますが、他のお店と比較してもリーズナブルです。
s_IMG_5286黄
日本人らしく、台湾ビールを注文し、しばらく待ちます。小籠包用の千切り生姜はセルフで用意しなければなりませんが、今回は、店員さんに持ってきてもらいました。
s_IMG_5285黄
蝦仁蛋炒飯(130元)。
s_IMG_5287黄
エビが一杯入ってます。エビ、卵、ネギの組み合わせです。卵の味が効いてます。米一粒一粒が艶々です。
s_IMG_5288黄
酸辣湯(小)70元。酸っぱさ少しあり。具がたっぷりで、中身は、卵、キクラゲ、豆腐、人参、ねぎ たけのこ、肉です。スープだけでなく、具もいっぱい食べれます。
s_IMG_5290黄
メインの小籠湯包(140元)です。出てきた瞬間、湯気が一杯で、写真を撮るときレンズが曇ってしまいました。
s_IMG_5291黄
湯気が落ち着いた時点で、再度写真を撮りましたが、皮が白くて綺麗ですね。
s_DSC_0068黄
テーブルに運ばれて、蓋を開けた瞬間の湯気の様子を動画でおさめてみました。

小籠包を割ってみると、中から大量のスープが出てきます。かなり出汁が効いています。大量のスープを啜って、さらに小籠包を食べるという二度の美味しさが味わえます。
s_IMG_5292黄
中正紀念堂駅から少し歩きますが、日本人にはお勧めお店です。もちろん地元台湾人の客さんも多いですよ!!





 今回は、2回目の投稿ですが、夜遅くまでやっていて、ビールが飲めて、ローカル感が味わえる店です。

店名:龍門客棧餃子館

住所:台北市林森南路61巷19号

営業時間:17:00-24:00

定休日:第2週の月曜日、第4週の土曜日

地図:


場所が非常にわかりづらいですが、暗闇に光る広い看板を目指して進んでください。大通りの林森南路から林森南路61巷に入ったところになります。
s_IMG_2869.jpg
店舗は、お世辞にも綺麗とは言えませんが、お客さんは多いですよ!!
s_IMG_2870.jpg
こちらが入り口になります。それでは中に入ってみましょう。
s_IMG_2881.jpg
店内の雰囲気、歴史のありそうな書があったりと、古いながらもいい雰囲気を醸し出してます。
s_IMG_2871.jpg
どこか懐かしい感じがします。
s_IMG_2872.jpg
昔の写真も飾ってあります。
s_IMG_2873.jpg
牛のモツ。食感が非常にいいです。見た目は味が濃そうですが、濃くはありません。
s_IMG_2874.jpg
メインの水餃子です。
s_IMG_2876.jpg
見て目はてかてかです。
s_IMG_2877.jpg
皮は集めで、肉汁は、それほど多くはなかったです。
s_IMG_2880.jpg
夜遅くまで営業してますので、台湾に夜便で来た際には、お勧めのお店ですね。
撮影:Power Shot G7X by Canon
 中正紀念堂近くは、美味しい小籠包店が多いですが、蘇杭点心店も有名で美味しいお店です。価格も安く、行く価値のある店かと思います。
 創業は1967年ですが、改装したかか、店は新しくきれいです。

店名:蘇杭点心店 古亭店

住所:台北市中正区羅斯福路二段14号

営業時間:11:00-20:30

地図:

店舗の場所は、大通りの羅斯福路店にあります。
s_IMG_0366.jpg
s_IMG_0349.jpg
s_IMG_0350.jpg
店舗内装。清潔感のあるお店です。
s_IMG_0365.jpg
食器。台湾でよく使用される「いちばん」食器。お茶と生姜は、セルフです。
s_IMG_0351.jpg
蘇杭小籠包。NTD120。写真でもわかると思いますが、スープの量が非常に多いです。また味もよいです。
s_IMG_0358.jpg
s_IMG_0359.jpg
s_IMG_0360.jpg
糸瓜蝦仁湯包。NTD220.小籠包と同様スープが多いです。塩味で味が濃いめです。エビは、細切れのため食感はあまりないです。ただ糸瓜の量は多いので、糸瓜の食感があります。
s_IMG_0353.jpg
s_IMG_0354.jpg
s_IMG_0356.jpg
s_IMG_0361.jpg
空心菜 NTD110。
s_IMG_0363.jpg
蘇杭点心店は、民生店もあります。松山空港近くです。松山空港経由で帰国する人は、寄ってから帰ることができます。
s_IMG_0416.jpg

 中正紀念堂近辺には、有名小籠包店が多いです。紀念堂から少し歩きますが、美味しい小籠包が食べれるお店があります。「黄龍荘」です。地元のお客さんが多い店です場所は、ちょっとわかりづらいです。


店名:黄龍荘

住所:台北市中正区牯嶺街43号

営業時間:10:00-21:00(月曜休み)

Facebook:https://www.facebook.com/黃龍莊-166004346883633/

場所:

店名:黄龍荘
営業時間:10:00~21:00
赤い看板が目印です。
s_DSC00050ki.jpg
台湾でよくある小菜
s_DSC00051ki.jpg
小籠包
s_DSC00054ki.jpg
s_DSC00055ki.jpg
皮は薄目。スープはこんな感じです。
s_DSC00058ki.jpg
空心菜。このグリーンを見てください。しゃきしゃきでビールと合います。
s_DSC00053ki.jpg
酸辣湯
s_DSC00056ki.jpg


訪問者
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数
ブログQRコード
QR
AD
旅行検索