FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

カテゴリ
ランキング
ブログランキング
フリーエリア
ブロとも一覧

 台南にはフルーツ店が一杯ありますが、今回は、多くの人が訪れる「泰成水果店」です。こちらの店は、メロンボールが有名です。かなりインスタ映えします。
 店舗の周りには人が多くいました。泰成水果店の前のアイスクリーム店(「蜷尾家甘味處散步甜食」という店)も地元の人にかなりの人気のようです。

店名:泰成水果店


住所:台南市中西區正興街80號

営業時間:月曜-金曜14:30-23:00
       土曜14:00-23:00
       日曜14:00-22:00

FACEBOOK:https://www.facebook.com/Tai.cheng.fruit.shop/timeline

日本語は通じないですので注文する際は、果物の絵を書いたものがありますので、手差しで注文できます。

地図:

創業は、1935年です。戦前からあるお店ですね。店舗外観
s_DSC00087.jpg
s_DSC00088.jpg
s_DSC01671泰成
店頭には、フルーツが一杯です。マンゴーは2種類ありました。
s_DSC00089.jpg
冷蔵庫の中にもあります。メロンが一番多かったです。
s_DSC00090.jpg
カットフルーツを。メロン、スイカ、パイナップルはすごくあまかったです。キウイは少し酸っぱかったです。キウイは、台南産ではないのかな??パパイヤは元々あまり味がないので甘いものを食べて、パパイヤ、そして甘いものを食べると甘さを感じます。特にスイカ好きの私にはうれしいです。
s_DSC00091.jpg
塩です。スイカにつけて食べます。最近の日本ではスイカに塩をつけて食べるというのはあまりなくなりましたね。
s_DSC00092.jpg

メロンボール。230元。メロンを半分に切ったものに、果物アイス(シャーベット)を乗せたものになります。私は、アイスの部分が、土芒果とブドウにしてみました。見た目、すごくいいでしょ!!
s_DSC01674泰成
s_DSC01675泰成

果物の美味しさを味わうもよし、インスタ映えを狙うもよしのお店でした。



 台湾では、三国志の武将「関羽」を祀っている廟が非常に多いですが、今回は、宜蘭にある南宋の武将「岳飛」を祀る廟です。関羽同様、「義」の男・武将です。



廟名:碧霞宮

住所:宜蘭縣宜蘭市中山里城隍街52號

創建:1896年

主神:岳飛

地図:


廟の正面。
s_DSC01573碧霞宮
入ってすぐ右手側に像があります。岳飛と彼の母親です。

まず、岳飛とは?
 拼音でYuè Fēiと発音します。中国南宋の武将。岳飛は、農家に生まれ、幼い頃に父を亡くし、母と2人で貧しい暮らしであった。亡き父に厳しい教育を受けていた岳飛は、若いうちから色々な書を読み、武芸にも秀でていた。
 彼が、若い頃に母の手で背中に「尽忠報国」(じんちゅうほうこく)という四文字の入れ墨を刻まれた。尽忠報国の意味は、「忠義を尽くし、国の恩に報いる」ということで、父の教えを忘れないよう入れ墨をもって、身体に刻みつけた。
像は、ちょうど母親が、彼に入れ墨を刻み付けているとことです。像の下に、「岳母教忠」と書いてあります。
s_DSC01575碧霞宮
s_DSC01576碧霞宮
廟の中に入っていきます。
s_DSC01574碧霞宮
「忠烈千秋」と書かれています。長期間、忠義心に厚いという意味のようです。「義」とか「忠」といえば三国志でおなじみの関羽と同じですね。
s_DSC01577碧霞宮
正殿の中心です。こちらにも「忠孝礼義」と書かれています。
s_DSC01579碧霞宮
岳飛です。
s_DSC01580碧霞宮
前方に岳飛の義兄弟である「何元慶」と金と戦った南宋の武将「楊再興」、南宋の武将「牛皋」です。
s_DSC01581碧霞宮
両左右には、位牌があります。
まず、右側です。下側には、忠義大将軍と書かれています。
s_DSC01582碧霞宮
そして左側です。下側には、五百神武軍と書かれています
s_DSC01582碧霞宮
後殿です。上部に、天下母範と書かれています。岳飛の母親でしょうか??
s_DSC01586碧霞宮
s_DSC01587碧霞宮
左側の神様
s_DSC01588宜蘭・碧霞宮
s_DSC01589宜蘭・碧霞宮
魁星です。学問の神様になります
s_DSC01590宜蘭・碧霞宮
s_DSC01591宜蘭・碧霞宮
中国南宋の武将「岳飛」を祀る廟でした。

【お得な情報】
ネットショッピング、旅行代金、航空券・宿泊予約をハピタス経由なら、ポイントが貯まり、ポイントから現金化できる。ハピタス登録は以下から
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【広告】




2018/06/26 23:14 【宜蘭】「宜蘭」 TB(0) CM(0)

 台湾は、どの都市も廟(寺院)が非常に多いですが、ここ宜蘭においても多いです。今回は、宜蘭城内にある歴史のある文昌廟です。

廟名:文昌廟

住所:宜蘭縣宜蘭市中山里文昌路66號

創建:1818年

主神 文昌帝君、関聖帝君

地図:


日本統治時代には、文武宮と呼ばれてました。当時の地図にも記載されています。
s_IMG_3834宜蘭
現在の文昌廟の正面
s_DSC01556文昌廟
さあ、中に入ってみます。入口両側に銅馬像と麒麟像がいます。
まず、銅馬像です。上部に「馬到成功」と書かれています。日本統治時代に宜蘭神社にあったもののようです。
s_DSC01557文昌廟
対面に麒麟像です。「麟趾呈祥」と書かれています。
s_DSC01558文昌廟
まず廟内の左側には、関聖帝君です。台湾の廟では、必ずいます三国志の武将「関羽」です。
s_DSC01559文昌廟
赤い顔と長い髭が特徴ですね。私は、台湾でよく廟を見て、関羽が祀られているのを知り、関羽という人物がどんな実物が気になり、三国志を読むようになりました。義の男ですね。
s_DSC01560文昌廟
近くには、「西秦王」。 唐王朝6代目皇帝・玄宗(685~762)のことで、道教において演劇の開祖、音楽の神として俳優志望者たちに信仰されています。
s_DSC01561文昌廟
s_DSC01562文昌廟
廟の右側には、「文昌帝君」です。学問の神様になります。
s_DSC01567文昌廟
s_DSC01568文昌廟
近くには、魁星爺。立ち姿が少しコミカルですね。
s_DSC01569文昌廟
s_DSC01570文昌廟
最後に「朱熹神像」と周敦頤、程顥、程頤、張載、朱熹五夫子の牌位
s_DSC01571文昌廟
s_DSC01572文昌廟
宜蘭には、たくさん廟がありますので、他の廟も次回以降紹介していきたいと思います。


【お得な情報】
ネットショッピング、旅行代金、航空券・宿泊予約をハピタス経由なら、ポイントが貯まり、ポイントから現金化できる。ハピタス登録は以下から
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【広告】


2018/06/24 21:18 【宜蘭】「宜蘭」 TB(0) CM(0)

 今回は、台湾東部の宜蘭にある夜市です。台湾は夜市が有名で、日本人は、台北、台南、高雄の夜市に行く人が多いと思いますが、東部にもありますので、ぜひ行ってみてください。

夜市名:宜蘭東門観光夜市

住所:宜蘭縣宜蘭市聖後街

営業時間:15:00-22:00

場所:


こちらの夜市は、宜蘭駅から徒歩10分ほどの近さにあります。
和睦路沿いの東門観光夜市です。
s_DSC01519東門夜市
夜市正面
s_DSC01520東門夜市
和睦路の通りには、服飾系や雑貨関係のお店が多いです。店舗型のお店が多いですね。
s_DSC01521東門夜市
和睦路を歩いていると、正面に陸橋が見えてきます。
s_DSC01524東門夜市
陸橋の下には、食べ物関係の夜市が広がっています。店数も多いですが、座る場所も豊富にありますので、ゆっくり食事することができます。
s_DSC01523東門夜市
陸橋下のお店は、後で紹介ということで、まずは聖後街からのお店からです。
まずは、大甲芋頭牛奶というお店です。芋頭牛奶(ユイトウニョウナイ)とは、蒸かした煮込んだタロ芋と牛乳を混ぜたも飲み物になります。柔らかな甘さとねっとりとした食感の飲み物です。
s_DSC01540東門夜市
お店には、蒸かしたタロ芋がありました。蒸かしたタロ芋と牛乳をミキサーで混ぜて出来上がりです。
s_DSC01541東門夜市
店頭には、健康・養生と書かれてます。
s_DSC01542東門夜市
こちらは、焼きトウモロコシのお店です。
s_DSC01529東門夜市
こちらは、鴨関連のお店です。
s_DSC01530東門夜市
イカ焼きのお店もあります。
s_DSC01531東門夜市
こちらは、野菜・果物のお店ですね。
s_DSC01532東門夜市
そして、聖後街の行列のお店。「葱油餅」というお店です。1個25元。卵入りで30元です。店の看板には、ハローキティーが・・・。
s_DSC01536東門夜市
鉄板で生地が焼かれています。
s_DSC01537東門夜市
焼かれた後の生地。この生地にタレを塗ります。
s_DSC01535東門夜市
今回は、卵入りのものを注文。生地はふんわりという感じ物です。あっさりとしてます。
s_DSC01538東門夜市
宜興路一段と聖後街交差点にあるスイーツ店です。
s_DSC01551東門夜市
店内で食べることが出来ます。こちらのお店は、外帯(持ち帰り)のお客さんが多かったです。
s_DSC01552東門夜市
店内のメーニュー表。全体的に安いですね。注文の時は、口頭での注文になります。
s_DSC01553東門夜市
今回は、八寶冰を注文。40元
s_DSC01554東門夜市
上から見ると具がないような感じですが、中を掘り起こすと具が一杯でした。黒糖味で量は多かったです。
s_DSC01555東門夜市
宜興路一段からみた夜市。高架下に多くの食べもの関連のお店が一杯あります。高架下なので、雨が降っても安心です。
s_DSC01526東門夜市
s_DSC01534東門夜市
s_DSC01525東門夜市
今回は、高架下のこちらのお店で食べます。
s_DSC01546東門夜市
高架下の食べる場所(机等)は、広めです。
s_DSC01545東門夜市
メニュー表。注文は、口頭になりますが、手差しで注文してください。
s_DSC01544東門夜市
魯肉飯(小)25元。見た目は味が濃そうですが、それほどの濃さではなかったです。肉は、細かめです。
s_DSC01547東門夜市
滷蛋20元。煮卵ですね。
s_DSC01550東門夜市
酸辣湯。少し香草の香りがきつめでした。
s_DSC01548東門夜市
宜蘭は、こちらの夜市、そしてとなりの羅東夜市がありますので、ぜひ宜蘭に行ってほしいですね。台北から特急で1時間強で、行くことが出来ます。

【お得な情報】
ネットショッピング、旅行代金、航空券・宿泊予約をハピタス経由なら、ポイントが貯まり、ポイントから現金化できる。ハピタス登録は以下から
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【広告】


2018/06/17 21:37 【宜蘭】「宜蘭」 TB(0) CM(0)

 台南は、街中に廟があり、日常の生活に廟が溶け込んでいます。時には、こんなところに廟があるんだと驚いてしまうことや、見逃してしまいそうな場所にあったりします。
 今回は、「開基武廟」という廟ですが、間口が狭く見逃してしまいそうな廟ですが、実際入ってみると印象的な廟です。
 「開基武廟」は文衡大帝を主に祀っており、関聖帝君とも呼ばれています。そうです、三国志の武将「関羽」を祀っています。

廟名:開基武廟

住所:台南市台南市中區新美街116號

宗教:道教

主祀:文衡大帝(関羽帝君)

三級古蹟

建立:1669年

地図:



間口が非常に狭いので、見逃してしまうかもしれません。ちょうど、近くを通りかかった際に自転車に乗った老人が自転車を止め、自転車上でそのまま廟に向かってお祈りしてました。日常生活に廟が密着しているんですね。特に台南は・・・。
s_DSC01435開基武廟
s_DSC01436開基武廟
廟に入るとすぐに、神様がいます。
s_DSC01437開基武廟
上部には、馬英九元総統の題字があります。
s_DSC01438開基武廟
文衡大帝(関羽帝君)です。三国志でもお馴染みの関羽。本当に台湾人は、関羽のことが好きですね。
s_DSC01439開基武廟
赤い顔と長いひげが特徴的です。顔も非常に迫力がありますね。
s_DSC01440開基武廟
次に後殿に行きます。後殿へは黄色い提灯が印象的です。間口は非常に狭いですが、奥行きは非常にある廟です。
s_DSC01441開基武廟
s_DSC01442開基武廟
後殿の中に入ります。
s_DSC01443開基武廟
中に入ると正面に大きな神様がいます。
s_DSC01444開基武廟
正面の神様は、文衡大帝(関羽帝君)です。こちらも迫力が非常にあります。
s_DSC01445開基武廟
右側に、観世音菩薩がいます。
s_DSC01446開基武廟
s_DSC01447開基武廟
左側には、福徳正神です。
s_DSC01449開基武廟
s_DSC01450開基武廟
後殿の反対側には、三官大帝です。
s_DSC01451開基武廟
台南は、多くの廟があり、見逃してしまいますが、それぞれに歴史がありますので、見つけた際にはのぞいてみてはどうでしょうか?

【お得な情報】
ネットショッピング、旅行代金、航空券・宿泊予約をハピタス経由なら、ポイントが貯まり、ポイントから現金化できる。ハピタス登録は以下から
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【広告】


2018/06/13 00:01 【台南】廟 TB(0) CM(0)
訪問者
台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
検索フォーム
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
13位
アクセスランキングを見る>>
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数
ブログQRコード
QR