FC2ブログ
東京オリンピックに「台湾」の名称で参加を!
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
台湾は、特別な場所、心のやすらぎ!!
旅行雑誌に載っていない場所も含め、台湾旅行に行った時の
魅力的な場所を写真とともに綴った台湾旅行ブログです。
Twitter:@kenmm888

フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア
 台湾には、各地に城門があります。日本で城というと、天守閣があって、城の周りに城下町があるイメージですが、台湾の城は、外敵から守るための壁に覆われたものになります。城内と城外の通路が城門になります。
 今回は、屏東にある城門です。

遺跡名:阿猴城門

住所:屏東県屏東市公園段3小段17地号(屏東中山公園内)

*3級古蹟

場所:

阿猴とは?
阿猴は屏東の昔の名前になります。私の祖母は、大正時代に屏東・恒春の生まれていますが、戸籍上の出生地は、阿猴庁ですので、大正時代は、少なくとも屏東は、阿猴という地名だったのだと思います。

阿猴城門の歴史は?
1836年、地方の有識者が武装した反乱軍が、住民に危害を及ぼさないため、阿猴城を建設。
日本統治時代にほとんどの城壁が取り壊される。朝陽門だけが残った。

場所は、中央公園内の陸上競技場トラックの端にあります。非常に違和感があります。
s_DSC01342朝陽門
近づいてみますと、中文で阿猴城門(朝陽門)の説明文があります。
s_DSC01338朝陽門
正面からの城門。高さ約3.6メートルあります。上部は、煉瓦造り、下部は、むき出しになった状態です。

s_DSC01337朝陽門

上部には花崗岩の額があり「朝陽門」と書かれています。
s_DSC01339朝陽門
門はアーチ状になっています。真ん中の部分は、吹き抜けになっています。反対側から見ると、ちょうど陸上競技場のトラックが見えます。
s_DSC01340朝陽門
 
阿猴城の現存する唯一の城門になります。





関連記事
2018/02/22 00:03 台湾・屏東・屏東 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://satsumabird551.blog.fc2.com/tb.php/480-a4841334
訪問者
検索フォーム
台湾現地ツアー
旅行検索
AD
PR
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数