FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
台湾は、特別な場所、心のやすらぎ!!
旅行雑誌に載っていない場所も含め、台湾旅行に行った時の
魅力的な場所を写真とともに綴った台湾旅行ブログです。
Twitter:@kenmm888

フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア
  旅行者の多くは、若者の街「西門」に行かれる方が多いと思いますが、主に漢中街方面が多いと思います。反対方面はどうか?色々と見るものが多いですよ。
まず、4番出口を出て、最初の見どころは、

■中山堂 (旧台北公会堂)
 

住所:臺北市中正区延平南路98號
s_IMG_3755中山堂
s_DSC_0039_2中山堂
s_IMG_3756中山堂
昭和天皇の即位を記念して1933年(昭和8年)から3年の歳月をかけて建てられました。日本統治時代の建物名は、旧台北公会堂。日本の降伏式もこちらで行われた場所でもありました。

次に衡陽路を歩いていると、
■菊元百貨店 
s_IMG_3754菊元百貨
現在は、世華聯合商業銀行の建物ですが、日本統治時代には、この地に菊本百貨店というデパートがありました。台湾での日本統治時代のデパートというと、台南の林百貨が有名ですが、実は、台湾での百貨店としての歴史はわずかではありますが、この「菊元百貨店」のほうが長いです。
 1932(昭和7)年は1月末に台湾初の百貨店「菊元百貨店」が、同年12月には台南に「ハヤシ百貨店」が創業しました。
 現在、台南の林百貨店は、リノベーションされた形で、デパートとして復活しているのに対し、台北の菊元百貨店は、建物の外観も完全に変わり、ひっそりとした雰囲気になってます。
 日本統治時代の写真。(参照:写真は、自由時報より)
600_218自由時報

次は、重慶南路一段沿いです。
■ 統一星巴克 重慶門市(スターバックス)  
住所:台北市重慶南路一段104號
s_IMG_3751スターバックス
なーんだ、スタバか!!と思うかもしれませんが、この建物なんか気になりませんか?私も写真を撮って、後から調べると、実は、日本統治時代からある建物なんです。
以下写真は、中研院臺灣史研究所参照ですが、左が1930年前後、右が現在。
左側の写真の建物は、日本茶店なのですが、「辻利」の建物なんです。辻利といえば、京都のお茶店で、色々な会社とタイアップしていますので、ご存知の人も多いかと思います。過去と現在で、ある意味お茶つながりという結果になってます。
参照URL:http://archives.ith.sinica.edu.tw/collections_list_02.php?no=22
無題
同じ通り沿いには、台湾の政治の中心である中華民国(台湾)総統府もあります。(写真は、17年年末)
こちらの建物も日本統治時代から使用されており、当時は、台湾総督府で、台湾政治の中心の場所でした。
s_DSC01491総統府
s_DSC01487総統府
総統府の隣の建物も、日本統治時代から建物です。現在は、台湾銀行本店。竣工は、1938年(昭和13年)。旧台湾銀行。
s_DSC01489台湾銀行
s_DSC01490台湾銀行
最後に、沅陵街ですが、大きな靴のオブジェがあったりします。靴店が多いんでしょうか?また通りは、赤い提灯が印象的です。
s_IMG_3750沅陵
s_IMG_3748沅陵
台湾は、旅行本に載っているもの以外にも、細かく街を歩くと、色々なものが発見できて面白いですよ!!



関連記事
2018/05/06 07:00 街並 TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://satsumabird551.blog.fc2.com/tb.php/509-d82933c3
訪問者
検索フォーム
台湾現地ツアー
旅行検索
AD
PR
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
77位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
27位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数