FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧
カテゴリ
フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア


 台南は、古い都市であり、色々な場所に史跡があります。今回は、台南の城門になります。城門は、台北、高雄、恒春では現存していますが、台南では日本統治時代に都市整備として撤去されて残存しているものはほとんどありません。
 その中でも、保存状況がよい台湾府城大南門を紹介したいと思います。


史跡名:台湾府城 大南門

住所:台南市中西區忠義路一段84巷

大南門概要:
 大南門はかつて台南にあった14の城門のひとつになります。1736年に完成し、街の正面玄関になります。特徴的は、外門と内門に分かれた二重構造になります。大南門の外門と内門は、わざと一直線に配置されていないため、侵入者は回り道をしなくてはならず、進入を遅らせる目的となっていました。
 日本統治時代は、街の整備のために城門や城壁の多くが無くなりましたが、大南門は、1977年に復元されました。

*3級古蹟 

地図:





湯徳章紀念公園から南門路を歩いていきます。約10分程歩くと、南門公園の場所にに城門の史跡があります。
s_IMG_5732大南門
s_IMG_5722大南門
ここで比較のために昔の写真を見てみましょう。まずは、1905年時点の写真(写真はWikidediaから)です。この時の城門は、城壁が崩壊してますが、建物と城壁の位置関係は、現在と変わっていませんね。
s_大門–€02 1905 wiki
次に、日本統治時代の写真です。同じく写真はWikidediaからです。
s_City_Gate_Tainan_大門
それでは城壁の近くに行ってみましょう。入口近くには、石碑があります。
s_IMG_5723大南門
入口の上部には、大南門と書かれています。
s_IMG_5724大南門
城門には、扉が付いております。
s_IMG_5725大南門
大南門の建物と城壁の間には半円形の敷地があることがわかります。
s_IMG_5726大南門
建物の部分にも入り口があり、入り口が二重構造になっているのがわかります。
s_IMG_5727大南門
階段で上に昇っていきましょう。
s_IMG_5728大南門
上には、砲台があります。こちらの砲台も修復されたものです。
s_IMG_5729大南門
大南門建物の上からの動画です。建物と城壁の位置関係がわかります。

台湾府城は、日本統治時代に撤去され、現存しているものがほとんどないです。大南門は、現在でも見られる貴重な城門です。



関連記事
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://satsumabird551.blog.fc2.com/tb.php/695-08171010
訪問者
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
22位
アクセスランキングを見る>>
現在の閲覧者数
ブログQRコード
QR
AD
旅行検索