FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア

 台東にもありました。夜市が・・・。「台東観光夜市」です。夜市の長さは、約300mで、フルーツがいっぱいの夜市という印象です。

夜市名:台東観光夜市

住所:正気路(中山路と博愛路の間)

営業時間:16:30-0:00
 *営業日:木曜日~土曜日

国内航空券予約は、

地図:

写真は、正気路と中山路の交差点。夜ですと、台東観光夜市と書かれた、看板が赤く光ってます。多くの人がいます。
s_DSC01176台東夜市
s_DSC01175台東夜市
さて、夜市に実際に入ってみます。夜市の入り口(出口)は、「東山鴨頭」というお店です。
s_DSC01177台東夜市
台東夜市も臭豆腐をはじめとした台湾料理もあります。
s_DSC01178台東夜市
子供が好きそうなゲームや金魚すくいもあります。
s_DSC01179台東夜市
s_DSC01181台東夜市
他の台湾の夜市と違うところが、フルーツ関係の店が多いということです。今回は、こちらの店でパパイヤミルクを買ってみました。好みで砂糖も追加できます。
s_DSC01186台東夜市
こちらの店は、色々なメニューがあり、フルーツが入ったカップから選びます。
s_DSC01187台東夜市
s_DSC01188台東夜市
木瓜鮮奶。50元。パパイヤ+牛乳+砂糖です。果肉感がたっぷりでした。
s_DSC01189台東夜市
あと、台東の夜市は、釈迦頭を置いてある店が多かったです。台東は、釈迦頭の産地って知ってましたか?釈迦頭は、種が多く食べにくいですが、甘くて美味しいですよ!!
s_DSC01185台東夜市
あと、この夜市は、シェラトンホテルの前に夜になると、出現します。少し違和感がありますが・・・。
s_DSC01180台東夜市
台東に来たらぜひ夜市に行ってみてください!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/30 00:00 【台東】 TB(0) CM(0)

 遼寧街夜市近くにある、豆花店です。台湾といえば、豆花!!

店名:阿鴻豆花店 長安店

住所:台北市中山區長安東路二段214號

営業時間:12:00-22:00(日曜日休み)

ホームページ:http://www.ahomedauhua.com.tw/

*他に錦州店あり。(錦州街451號)

地図:

場所は、遼寧街夜市近くの長安東路二段沿いにあります。
s_IMG_3707豆花
メニューは豆花中心です。
s_IMG_3706豆花
メニュー。今回は、総合豆花を注文。
s_IMG_3710豆花
総合豆花は、二種類選べます。芋圓と小豆を選択。
s_IMG_3708豆花
芋圓はQQです。
s_IMG_3709豆花
豆花。小豆との組み合わせは、甘め控えめです。スイーツ男子の私としては、もっと甘くてもよいです。甘さ控えめが好きな人は、豆花との相性は位と感じるかもしれませんね。
s_IMG_3711豆花
夜市も近いですので、夜市に来たときは寄ってみてはどうでしょうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加

 台北は、有名小籠包店が多いですが、珍しいタイプの小籠包が食べれる店があります。どういった小籠包かというと、ねぎが一杯入った小籠包です。元々は宜蘭発祥の店ですが、宜蘭は、三星ネギが有名ですので、台北で本場のネギ小籠包が味わうことができます。

店名:宜蘭正常湯包 松山店

住所:台北市松山區松河街214號

営業時間:17:00-1:00 
       (近くの夜市と同じような営業時間帯です。)

定休日:

過去の記事:http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-248.html

地図:

場所は、MRT「松山駅」降りて、松山慈佑宮裏手を川の方面に歩きます。松山慈佑宮の裏手にありますが、夜だと周辺が暗いため、場所がわかりづらいです。
s_IMG_2457.jpg
店舗内部。奥手に広い形になります。外でもテーブル・いすが置いてありますので、外でも食べることができます。
s_IMG_2460.jpg
s_IMG_2461.jpg
小籠包につけるタレは、店頭で自分自身で作ります。
s_IMG_2462.jpg
店内は、それほど広くありません。店内の調理場の様子
s_IMG_4047正常
 店頭で小籠包が蒸されています。
s_IMG_4048正常
店内には、犬が一匹いました。
s_IMG_4046正常
と思ったら2匹でした。でも、結局は、3匹いました。
s_IMG_4051正常
メニュー。湯包は、2種類です。10個と5個です。
s_IMG_2458.jpg
s_IMG_2459.jpg
湯包(10個)。100元、籠ではなく、皿での提供です。
s_IMG_2463.jpg
s_IMG_2465.jpg
湯包(5個)。50元
s_IMG_4054正常 s_IMG_4055正常
箸でつまむと、形が大きく変わります。葱風味のスープがいっぱい入っているからですね。
s_IMG_4057常正 
台北の小籠包とは違い、ねぎがいっぱいです。スープと中身は写真の通りですが、ねぎの風味とシャキシャキ感がかなりあります。人によっては、好き嫌いがあるかもしれません。
s_IMG_4056正常 
葱風味のスープを飲んだ後、シャキシャキいっぱいの葱の食感を味わえます。
s_IMG_2473.jpg
蛤糸瓜湯、35元。へちまの風味がすごく出てます。へちまは柔らかめ。
s_IMG_2466.jpg
s_IMG_2468.jpg
店内の動画。

宜蘭は、三星葱(ねぎ)が有名です。宜蘭名物の小籠包を台北で味わうことができる店ですので、台北の小籠包が飽きたらこの店で食べてみてはどうでしょうか?
*宜蘭羅東にある店舗のブログはこちらです。
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-270.html
店名:正常鮮肉小籠湯包
住所:宜蘭縣羅東鎮南門路7




このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 今回は、遼寧街夜市に徒歩圏内で行けるホテルです。

ホテル名:方船旅店長安復興(Arkhotel)

住所: 台北市中山区長安東路二段246号3楼

ホームページ

部屋タイプ:Nest Twin

料金:2,444 (朝食なし)

ホテル予約方法: ①ハピタス(ポイントサイト) → ②楽天トラベル

ポイント取得状況:①ハピタス・・・190ポイント(190円分)、②楽天ポイント・・・453ポイント
  ハピタス登録方法:ハピタス登録はこちら
  
地図:


場所は、長安東路2段沿いです。最寄り駅のMRT南京復興駅からは少し歩きます。
s_IMG_3680方船
s_IMG_3681方船
受付は、3階で、客室は10階、11階です。
s_IMG_3682方船
ホテルの廊下
s_IMG_3712方船
今回の部屋番号は、1123。「いいにーさん」ということですね
s_IMG_3713方船
ベッドルーム。新しく、非常に綺麗です。
s_IMG_3683方船
テレビとデスク。
s_IMG_3684方船
s_IMG_3685方船
バスルーム。シャワーのみでした。
s_IMG_3686方船
s_IMG_3687方船
価格は、高かったですが、遼寧街夜市に非常に近い場所にあります。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/26 00:00 【台北】ホテル TB(0) CM(0)

 大通りの臨海路一段から光復路に入ってすぐのところに廟があります。「台東玄武堂」という廟になります。夜に歩いていたのですが、赤が印象的な廟です。どういった廟なのかはわかりませんでした。


廟名:台東玄武堂

住所:台東市正氣路2號-1

ホームページ:http://yiashi.theweb.tw/index.htm

地図:

夜だったのですが、光復路に入ってすぐに廟があることに気づきました。赤の色と龍が非常に印象的です。
s_DSC01174玄武堂
正面から。非常に迫力があります。
s_DSC01171玄武堂
両脇の龍。
s_DSC01172玄武堂
s_DSC01173玄武堂
規模は、非常に小さい廟でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/24 00:00 【台東】 TB(0) CM(0)
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>
Twitterタイムライン
ブログQRコード
QR
AD
旅行検索