FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア

台湾のレンタルWIFIなら「jetfi」

*申し込みと使用体験談記事はこちら(出発日の5日前に予約が必要です)
https://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-671.html

---------------------------
 高雄って台北と比較すると小籠包のお店が少ないですね。日本人の一番最初に来る台湾料理は、小籠包と思っている人が多い(実際は、上海・浙江料理)ですが、折角なので、高雄で小籠包を食べれる店を紹介したいと思います。
 
 他には、永和小籠湯包や龍袍湯包が有名です。
各店の記事は以下ですので見てみてください。
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-永和小籠湯包
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-龍袍湯包



店名:富錦小籠湯包

住所:高雄市前金區成功一路417號

営業時間:5:30-14:00

日本語対応:不可

地図:

店の場所は、大通りの成功一路沿いにあります。通り沿いからはわかりずらいですが、水色の看板が目印になります。
s_DSC_0258富錦順小籠湯包
店舗の正面からですと、大きな看板がありますのですぐにわかります。黄色地に水色で店舗名が書いてあり、小籠包の写真がありまうので結構インパクトがあります。
s_DSC_0260富錦順小籠湯包
こちらは、持ち帰りの人用です。こちらで小籠包が蒸されています。結構持ち帰りの人が多そうな感じでした。内用(中で食べる人)は、店の中に入り、席で待ちます。
s_DSC_0261富錦順小籠湯包
こちらがお店の中ですが、結構きれいです。店内には小籠包と酸辣湯の写真があります。
s_DSC_0265富錦順小籠湯包
こちらは壁に貼ってあるメニュー表です。お店のメニュー数は、全部で5種類になります。
s_DSC_0262富錦順小籠湯包
注文を終えてしばらく席で待って店内を見渡してみます。小籠包用のタレはこちらの場所で自分で作るようです。待っている間に作っておきましょう。ショウガはなかったです。
s_DSC_0263富錦順小籠湯包
少しすると、こちらのほうで店員さんが酸辣湯を紙のカップに注いでいました。
s_DSC_0264富錦順小籠湯包
注文して、初めに来たのは、酸辣湯(25元)でした。見た感じ具がすごく多そうですね。
s_DSC_0270富錦順小籠湯包
実際、酸辣湯をスプーンですくってみると、具が一杯です。具材は、種類も豊富で、たけのこ、しいたけ、にんじん、えのきだけ、豆腐、きくらげ、卵です。
s_DSC_0272富錦順小籠湯包
小籠湯包(50元)。籠ので提供ではありませんが、8個で50元は非常に安いですね。小籠包の上に千切りの生姜がのっています。
s_DSC_0267富錦順小籠湯包
小籠包を箸でつまむとこんな感じです。皮は少し厚めです。
s_DSC_0268富錦順小籠湯包
レンゲの上の小籠包を割ってみると、スープがいっぱい出てきます。スープを啜ると、少しねぎ風味の味がします。
s_DSC_0269富錦順小籠湯包
小籠包の中を見てみると、具材はねぎが多めです。
s_DSC_0271富錦順小籠湯包
朝、5:30から営業してみるお店ですので、朝食で利用するのもよいと思います。そんなに敷居の高い入りずらい店ではないですので、ぜひ気軽に利用してみてくださいね。




このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/08/27 00:00 【高雄】小籠包 TB(0) CM(0)


 今回は、高雄の小籠包店です。「永和小籠湯包」という店ですが、がっつり食べる形の店ではなく、さくーっと食べる店です。日本人のお客も多いですが、初めての人は、どうやら戸惑っている人が多いですね。こちらの店は、オーダー表がなく直接注文する形だかだと思いますが、思い切って話しかけてみてください。

店名:永和小籠湯包

営業時間:11:00-21:00

住所:台湾高雄市鹽埕區鹽埕街33號

過去のブログ:
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-126.html
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-85.html

地図:






場所が非常にわかりづらいのですが、私はいつも三山國王方面から行きます。なぜならば、婆婆冰でかき氷を食べてから行くからです。今回、いつものルートで行くと、去年とは、雰囲気が違いました。なーんと、店舗上に看板が・・・。
s_DSC00272.jpg
よく見てみると、日本語の看板がありました。店の人は全然日本語がしゃべれないのに・・・。やっぱり日本人客が多いんでしょうね。
s_DSC00273.jpg
この看板は、一昨年新しくなった店頭の看板です。
s_DSC00274.jpg
店というか、路店です。
s_DSC00275.jpg
作っているとことも間近で見れます。
s_DSC00276.jpg
去年と違い、籠が新しくなってます。
s_DSC00277.jpg
看板メニューの小籠包です。60元。この安さは、他の店ではないですね。
s_DSC00278.jpg

s_DSC00279.jpg
味は少し薄目です。
s_DSC00280.jpg
s_DSC00281.jpg



  このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/13 00:00 【高雄】小籠包 TB(0) CM(0)
  高雄でも有名な「永和小籠湯包」ですが、有名さとは反対に路地裏のようなところで営業してます。まったく飾ったところがない店です。地元のお客さんも多いですが、日本人旅行者もいます。

店名:永和小籠湯包

住所:高雄市鹽埕區大勇路99巷

営業時間:11:00-20:00

日本語対応:不可

地図:

昨年も来ましたが、看板が新しくなりました。小籠湯包が55元から60元に値上げになってます。値上げしても、まだ安いですね。日本円に換算しても200円前後ですので・・・、メニューは、3品で勝負です。
s_IMG_0715.jpg
一応、店頭と店舗
s_IMG_0724.jpg
s_IMG_0716.jpg
4人で作ってます。気にする人は、衛生的にどうなの?って思うかもしれません。s_IMG_0717.jpg
ほとんど外で食べる形ですので、夏は暑く、冬は寒いです。一応、暑さ対策としてミスト装置があります。それでも行くたびに日本人旅行者がお客さんとしていますので、日本人にも有名だと思います。
s_IMG_0718.jpg
小籠湯包。9個入りで少し小さめのサイズです。小籠包の中のスープが美味しいです。
s_IMG_0721.jpg
酸辣湯。味としては、インパクトがないので少し酢を入れたほうがよいと思います。
s_IMG_0719.jpg
高雄では、小籠包店が少ないので、もし食べたくなったらこちらの店でふらっと寄ってみてはどうでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/08/04 00:06 【高雄】小籠包 TB(0) CM(0)
高雄は、台北と比較し、小籠包店、マッサージ店が少ないですね。そんな高雄で、今回は、高雄で有名な小籠包店である「龍袍湯包」を紹介します。

店名:龍袍湯包

住所:高雄市前金區新田路375號

営業時間:12:00-9:00

ホームページ:http://www.tangbao.com.tw/tangbao/main/

地図:

外観

s_DSC00254.jpg
s_DSC00506.jpg
s_DSC00507.jpg
内装
s_DSC00243.jpg
s_DSC00244.jpg
メニュー。台北の小籠包店と比較するとちょっと高いですね。
s_DSC00241.jpg
台湾ビール。台湾では珍しい缶。コップも冷やしてありますね。s_DSC00242.jpg
カラスミ小籠包。皮が非常に薄いです。s_DSC00247.jpg
s_DSC00248.jpg
カニ味噌小籠包。薄味。皮が薄いので、スープが透けてます。
s_DSC00249.jpg
s_DSC00500.jpg
s_DSC00503.jpg
s_DSC00252.jpg
薬膳スープ。味は、体によさそうな味
s_DSC00246.jpg
酸辣湯。台湾では珍しく、酸っぱ、辛い。s_DSC00498.jpg



このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/07 21:23 【高雄】小籠包 TB(0) CM(0)
 台北だと小籠包専門店が多いですが、高雄では、台北と比較するとあまりないような感じがします。実際そうなのですが、そのような状況の中、Yanchengpu近くに、立ち寄りやすい小籠包店があります。店というより、外の屋台で営業しているような感じの店です。以外に、日本人のお客さんも多いですので紹介したいと思います。

店名:永和小籠湯包

住所:高雄市鹽埕區鹽埕街33號

営業時間:11:00-20:00

日本語対応:不可

地図:

場所は鹽埕街沿いになります。看板が出てますが、すこしわかりづらいかもしれません。
s_DSC00225.jpg
店舗・食事する場所は、奥まったところにあります。外で食べる形ですので、夏は少し暑いです。
s_DSC00226.jpg
小籠包の皮は薄く、薄味です。1籠9個入りです。お店によっては、籠で提供さないお店もありますが、この価格帯で籠で出てくるのは、うれしいですね。
s_DSC00228.jpg
少し小さめです。食事として食べるのもいいですが、小腹を満たすために来るのがいいかもしれません。
s_DSC00230.jpg
れんげはプラスチック製。小籠包を割るとスープもきちんと出てきます。
s_DSC00231.jpg
ローカル感漂う店ですが、日本人のお客さんも多いですよ!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/04 18:25 【高雄】小籠包 TB(0) CM(0)
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>
Twitterタイムライン
ブログQRコード
QR
AD
旅行検索