FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア

 今回は、台北松山空港から徒歩約10分にあるお店の紹介です。「玉小蘭IN Kitchen」というお店になりますが、中華式(台北水餃子、炒飯等)とアメリカンスタイル(台北ハンバーガー等)が味わえるレストランです。
 こういった2つのタイプの食事を味わえるお店は、台湾であまり見たことがないので、数少ない希少性のあるレストランだと思います。
 日本人だと、こういったスタイルのお店だと料理の味が中途半端になってしまうのではないかと思う人も多いかもしれませんが、両メニューを食べた感想は、どちらのメニューも本格的でした。
 それでは、詳細を紹介していきたいと思います。

店名:玉小蘭 IN Kitchen

住所:台北市松山區民生東路四段67號

営業時間:11:00-21:00

facebook:https://www.facebook.com/YolandaINKitchen/

地図:

場所は、松山空港から近くの民生東路四段にあります。民生東路四段沿いは台北グルメの有力店が多いですね。
s_DSC_0090玉小蘭
店舗正面です。パラペット看板の部分には、女性のキャラクターが描かれています。これは、現オーナーのお婆さんで、店名の「玉小蘭」という名前もお婆さんの名からきているようです。
s_DSC_0089玉小蘭
それでは、店内に入ってみましょう。入ると、右側にレジがあります。Easy Cardでも精算ができそうです。
s_IMG_4239玉小蘭
レジ周辺からの店内の様子です。壁全体に絵が描かれていたり、照明等もかなりおしゃれな感じがあります。座席は4人掛けのテーブルタイプと1人掛けのカウンター式の2タイプあります。一人旅でも入りやすいお店ですね。
s_IMG_4238玉小蘭
今回は、4人掛けのテーブルに座ります。店内を見回すと、調理場と給仕場はレジ側にあります。
s_DSC_0091玉小蘭
給仕場の上には、液晶でメニューが出ています。ちょうど、カウンター席の後ろ側にあります。こちらのお店はセットメニューが中心で、それぞれのメニューに番号がありますので、北京語ができない旅行者にも注文しやすいですね。
s_IMG_4241玉小蘭
こちらが、セットメニューの注文票になります。写真付きなので、日本人旅行者にも注文しやすいですね。セットメニューには、それぞれ飲み物が付きます。
s_IMG_4258玉小蘭
まずは中華の一つ目のメニューは、エビ炒飯からです。白い器に盛りつけられた炒飯が綺麗ですね。台湾の炒飯を提供するお店では、作ってそのまま器に盛りつけて、見た目はあまり気にしない店が多い中、丁寧な盛り付け方です。
s_IMG_4247玉小蘭
炒飯の上部にあるエビですが、非常に大きなものがのっています。
s_DSC_0094玉小蘭
それでは小皿に入れて食べてみます。エビの大きさが際立ちます。エビ、キャベツ、ネギ、卵の炒飯になっています。脂っこくなく、醤油味の味付けです。本格的な炒飯です。
s_IMG_4259玉小蘭
二品目の中華メニューですが、水餃子です。こちらも形の整ってますね。皮は厚めでモチモチです。中に入っている豚肉ですが、漢方で育てられた豚の肉を使用しているようです。味は、酢醤油を付けなくても十分に味が付いていますので、そのまま肉の味を含めて味わいます。上品な味で美味しいです。
s_DSC_0092玉小蘭
中華の最後は瓜仔飯セットです。
s_DSC_0096玉小蘭
こちらは瓜仔飯です。ルーロー飯に似てますが、脂っこくなくあっさり目の味付けです。私は、瓜仔飯というのを初めて食べました。
後で調べて分かったのですが、ルーロー飯と違いキュウリの醤油漬けが入っているようです。これが調理にうまく調和されているんですね。パクチーが上にいっぱいのっています。大好きな人はがっつりと、苦手な人はよけて食べてみてください。八角の風味はありませんでした。
s_IMG_4252玉小蘭
次に酸辣湯です。台湾の酸辣湯は酸も辣もないことが多いですが、こちらの店の酸辣湯は辣が非常に効いてます。私は辛い物が苦手なので、かなり辛く感じましたが、辛い物が好きな人には満足できるものだと思います。
s_IMG_4253玉小蘭
次にアメリカンスタイルのハンバーガーです。ハンバーグは店で手作りしたもので、ソースも同様に店で手作りをしたハニーマスタードを使用しています。
s_DSC_0095玉小蘭
横から見たハンバーグですが、この厚みを見てください。特にハンバーグの厚みは他であまり見たことがありません。食べるとバンズのフワフワ感、肉々しさ、そしてレタスのシャキシャキ感を味わうことができます。食感が非常に楽しめます。特にハンバーグがおいしかったですね。
s_IMG_4250玉小蘭
最後に付け合わせのポテトですが、肉厚にカットされており、ポテト感が非常にありました。
s_IMG_4251玉小蘭
最後に店のメニューをご紹介します。
玉小蘭メニュー1
玉小蘭メニュー2
台湾旅行で松山空港を利用する際には、候補にいれてもらいたいお店ですね。松山空港の台湾グルメが味わえるお店でした。






このエントリーをはてなブックマークに追加



 今回は、寧夏夜市近くにある台湾料理の蚵仔煎(オアジェン)が食べれる店の紹介です。蚵仔煎とは、簡単に言うとカキオムレツのことで、日本ではなかなか食べれない料理になります。
 賴雞蛋蚵仔煎というお店になりますが、行列ができている時間帯もありますので、すきまを狙って行ってみてください。

店名:賴雞蛋蚵仔煎

住所:台北市大同區民生西路198之22號

営業時間:16:00-1:00
       (火曜日休み)

地図:

場所は寧夏夜市近くの民生西路沿いにあります。寧夏夜市と同じような営業時間帯ですので、夜市と行くときまたはこの店に行くときに夜市も一緒に行くことができます。
s_DSC_0022賴雞蛋蚵仔煎
店頭では、蚵仔煎を調理しています。
s_DSC_0023賴雞蛋蚵仔煎
鉄板に大量のカキが投入され、焼かれています。この場所で、注文を店員さんに伝えます。
s_DSC_0024賴雞蛋蚵仔煎
注文後、横にある店内の部屋に移動して、注文したものを待ちます。席は、テーブル席とカウンター席があります。
s_DSC_0025賴雞蛋蚵仔煎
まず最初に来たのが蚵仔煎(70元)です。蚵仔煎の上にたれが一杯かかっています。このたれが非常にうまかったです。
s_DSC_0026賴雞蛋蚵仔煎
蚵仔煎の中身を少し見ていきましょう。カキがいっぱい入っています。食べていくと、外はカリカリ、中はフワフワです。野菜のシャキシャキの食感が味わえます。
s_DSC_0027賴雞蛋蚵仔煎
しばらくして、蚵仔煎(70元)が来ました。カキが入ったスープになります。
s_DSC_0029賴雞蛋蚵仔煎
スープの中の具をスプーンですくうと、カキ、生姜、千切りレタスが入っています。スープ自体の味は薄味で、カキが一杯入っています。日本のカキと比較すると小さめですが、ぷりぷり感があります。
s_DSC_0030賴雞蛋蚵仔煎
寧夏夜市は日本人旅行者もよく行く夜市ですので、近くに行ったら是非寄ってみてください。
(注)カキを使った料理ですので、カキを食べるとあたる方は、ご注意下さい。








    
このエントリーをはてなブックマークに追加





 今回は、台湾唐揚げのお店です。南機場夜市にあるお店ですが、この夜市自体、ほかの夜市と比較し日本人旅行者が少ないので、地元台湾の雰囲気が味わえて、台湾が味わえるお店です。

店名:好吃炸鶏


住所:台北市中正區中華路二段315巷41號

営業時間:15:30-1:00

日本語対応:不可

南機場夜市の記事はこちら
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-668.html

地図:

南機場夜市の文字が赤く光る夜市のゲートをくぐり、そのまま中華路二段315巷を歩いていきます。
s_IMG_5476南機場
ひとつめの交差点をさらに超えて直進すると左側に行列の出来ているお店があります。台湾唐揚げのお店である「好吃炸鶏」です。
s_IMG_5494好吃炸鶏
s_IMG_5499好吃炸鶏
お店にはいっぱいの唐揚げが並んでいます。
s_IMG_5498好吃炸鶏
今回は、大鶏排(45元)を注文しました。サイズはかなり大きいです。食感は脂っこさがまったくなく、非常にサクサク・カリカリです。鶏排の上にかかっているスパイスが非常に美味しかったです。
s_IMG_5501好吃炸鶏
台湾唐揚げは、台湾でも非常に有名ですが、好吃炸鶏のから揚げは、日本のから揚げと違った美味しさが味わえますよ。




このエントリーをはてなブックマークに追加
 



 台湾に頻繁に旅行に行っている人は、すでに知っている人も多いお店です。若者の街「西門」の行列のできる「阿宗麺線」です。価格は安く、おいしく、サクッと食べられる店です。

店名:阿宗麺線

住所:台湾台北市萬華區峨眉街8之1號

営業時間:月~木10:30-22:30、
       金~日10:00-23:00

日本語対応:不可
        メニューは麺線ひとつで、大と小のみです。

地図:

阿宗麺線への行き方ですが、西門駅6番出口を出て、漢中街を歩いていきます。
s_IMG_4777阿宗麺線
漢中街を少し歩くと、左手にケンタッキーが見えますので、右折します。ちょうど「峨眉街」という通りになります。また峨眉街を少し歩くと、白地に赤文字で「阿宗麺線」とい看板があります。時間帯によっては、店前に多くの人がいます。
s_DSC00807阿宗麺線
これだけ人が多いと、食べるのをやめようかなと思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです!!こちらの店は外帯(持ち帰り)のみで、店前で食べている人が多いのです。注文で並んでいる人が多くても、注文してからすぐに料理を提供してくれますよ!!
s_DSC00806阿宗麺線
さて、列に並んで注文してみましょう!!
s_DSC00802阿宗麺線
注文してから10秒ほどで提供されます。写真は、パクチーを入れるところです。麺線は、小碗が50元、大碗が65元です。紙製の容器と、プラスチック製のスプーンで提供されます。食べ終わった容器は、店のごみ箱に捨てます。
s_DSC00803阿宗麺線
こちらが麺線です。一番上には、パクチーがのっています。店前に調味料がありますので、味の調整をすることができます。入れすぎるとすごく辛くなるので、気を付けてくださいね。
s_DSC00804阿宗麺線
スプーンで食べるのがちょっと食べづらいです。
味は、カツオ風味、少しのパクチー、豚のモツのコリコリがいい感じです。麺は素麺に近く短めです。味、食感両方味わえます。出汁が効いていて美味しいです。食べる場所は、座る椅子が少ないで、立って食べる形になると思います。
s_DSC00805阿宗麺線
店名刺ですが、西門店以外にも店はあります。
s_IMG_2273.jpg
夜遅くまで営業してますので、出汁の効いた麺線をぜひ、食べてください!!



このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は、2013年に台湾で炒飯が1番美味しい店に選ばれた「民生炒飯」です。多くの人も同じようなブログを書いているので知っている方も多いですが、紹介したと思います。
 

店名:民生炒飯専売店

営業時間:11:00-14:00、17:00-21:30 (日曜日休み)

住所:台北市松山區民生東路五段27巷

地図:

まずは、台湾全土で炒飯人気NO.1になった記事からです。
https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-215757.html

場所は、民生東路5段から細い路地の民生東路五段27巷へ少し入った場所にあります。台湾NO.1に見えない店構え。炒飯の価格は100元から140元です。
s_IMG_0409.jpg
路地側が食べる場所となっています。
s_IMG_0410.jpg
調理中です。おっちゃん腹を出しながら鍋を振ってます。
s_IMG_0411.jpg
今回は牛肉炒飯(140元)を注文しました。。一人で鍋を振っているため、出てくるのに時間はかかります。味は薄味だが牛肉はしっかりした味付けです。また空心菜が入っているため、シャキシャキの歯ごたえ有。緑がきれいです。
s_IMG_0413.jpg
s_IMG_0414.jpg
開店前に行きましたが、開店後、間もなくすると多くのお客さんで席はいっぱいなりました。またテイクアウトの方も多いです。
s_IMG_0415.jpg
お店の名刺です。
s_IMG_0515.jpg
その他の情報として、横浜中華街に19年9月に出店しました。

店名:民生炒飯 横浜中華街店
住所:神奈川県横浜市中区山下町1268
営業時間:平日 11:00-15:00、土日祝 11:00-16:00
定休日:火・水曜日




このエントリーをはてなブックマークに追加
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>
Twitterタイムライン
ブログQRコード
QR
AD
旅行検索