FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア
 台湾の西側は、新幹線が走っていることから、短時間で移動ができます。しかし、東側は、移動に時間がかかります。台北からは、台北松山空港から飛行機で、花蓮、台東とも1時間くらいですが、電車だとどうか?
 今回、台東から高雄の新左営まで莒光号で移動してみました。

 まず、
莒光号てどんな電車か? 
日本でいうと、急行にあたります。特急だと、自強号になります。
莒光号の由来は、蒋介石の訓示である「毋忘在莒」「光復大陸」から取っているようです。随分、昔に付けられた名前でしょうね。


それでは、台東駅から乗ってみます。
台東駅ですが、工事をしているようで、駅の外観全容がわかりませんでした。s_IMG_3661台東から

台東駅に入って、切符を購入しますが、広々としています。
s_IMG_3662台東から
切符購入。新左営まで3時間14分です。294元。
s_IMG_3663台東から 
駅で待っていると、来ました!! おんぼろ号です。すみません、大事に使用しているといったほうがよいですね。実は、この電車、日本車輛製造と日立製作所が共同生産したもののようで、1970年から運行が始まったようです。乗ってた時は、海外製の電車だろうから走っているとき、かなり揺れるなと思ったのですが・・・。
s_IMG_3665台東から
電車に付いている行先の表示。手書きです。結構アナログで、懐かしさを感じます。
s_IMG_3664台東から
車内。やっぱりレトロ感がいっぱいです。
s_IMG_3666台東から s_IMG_3667台東から
車窓からは、太平洋の海が左手側に見えます。また右側は、山です。そうです。海があって、すぐそばに山があるんです。神戸と
一緒です。
s_IMG_3670台東から
電車で3時間強というと、かなり長い時間と思うかもしれませんが、車窓を楽し見ながらの旅ができます。時間があれば、電車に揺られて、台湾の自然を眺めながら旅ができますので、おすすめですよ!!



このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/02/26 00:00 【台東】 TB(0) CM(0)

 台東にもありました。夜市が・・・。「台東観光夜市」です。夜市の長さは、約300mで、フルーツがいっぱいの夜市という印象です。

夜市名:台東観光夜市

住所:正気路(中山路と博愛路の間)

営業時間:16:30-0:00
 *営業日:木曜日~土曜日

国内航空券予約は、

地図:

写真は、正気路と中山路の交差点。夜ですと、台東観光夜市と書かれた、看板が赤く光ってます。多くの人がいます。
s_DSC01176台東夜市
s_DSC01175台東夜市
さて、夜市に実際に入ってみます。夜市の入り口(出口)は、「東山鴨頭」というお店です。
s_DSC01177台東夜市
台東夜市も臭豆腐をはじめとした台湾料理もあります。
s_DSC01178台東夜市
子供が好きそうなゲームや金魚すくいもあります。
s_DSC01179台東夜市
s_DSC01181台東夜市
他の台湾の夜市と違うところが、フルーツ関係の店が多いということです。今回は、こちらの店でパパイヤミルクを買ってみました。好みで砂糖も追加できます。
s_DSC01186台東夜市
こちらの店は、色々なメニューがあり、フルーツが入ったカップから選びます。
s_DSC01187台東夜市
s_DSC01188台東夜市
木瓜鮮奶。50元。パパイヤ+牛乳+砂糖です。果肉感がたっぷりでした。
s_DSC01189台東夜市
あと、台東の夜市は、釈迦頭を置いてある店が多かったです。台東は、釈迦頭の産地って知ってましたか?釈迦頭は、種が多く食べにくいですが、甘くて美味しいですよ!!
s_DSC01185台東夜市
あと、この夜市は、シェラトンホテルの前に夜になると、出現します。少し違和感がありますが・・・。
s_DSC01180台東夜市
台東に来たらぜひ夜市に行ってみてください!!


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/30 00:00 【台東】 TB(0) CM(0)

 大通りの臨海路一段から光復路に入ってすぐのところに廟があります。「台東玄武堂」という廟になります。夜に歩いていたのですが、赤が印象的な廟です。どういった廟なのかはわかりませんでした。


廟名:台東玄武堂

住所:台東市正氣路2號-1

ホームページ:http://yiashi.theweb.tw/index.htm

地図:

夜だったのですが、光復路に入ってすぐに廟があることに気づきました。赤の色と龍が非常に印象的です。
s_DSC01174玄武堂
正面から。非常に迫力があります。
s_DSC01171玄武堂
両脇の龍。
s_DSC01172玄武堂
s_DSC01173玄武堂
規模は、非常に小さい廟でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/24 00:00 【台東】 TB(0) CM(0)
 
 今回は、旧台東駅近くのホテルです。徒歩圏内で、台東観光夜市に行ける場所にあります。

ホテル名:三博大飯店(Melody Hotel)

住所: 台東市中山路393號

ホームページ:http://sanpo.cheap.com.tw/

部屋タイプ:シングルルーム (some rooms no window)→実際は、窓ありの部屋でした。

料金:¥3,305/1泊

ホテル予約方法: ①ハピタス(ポイントサイト) → ②Expedia

ポイント取得状況:①ハピタス・・・ポイント(円分)、②Expedia・・・57ポイント
  ハピタス登録方法:ハピタス登録はこちら
  
地図:

場所は、台東駅から歩いて中山路沿いの10分弱のところです。建物は少し古いです。
s_DSC01157メロディー
ベッドルーム。部屋は広々としています。ベッドも大き目です。
s_DSC01158メロディー
デスク。デスクの上には、ウォーターサーバーがあります。冷水・温水対応です。飲み放題です。
s_DSC01159メロディー
s_DSC01162メロディー
液晶テレビ。台湾メーカー製です。日本の放送は見れません。
s_DSC01166メロディー
バスルームとトイレ。バスルームはシャワーのみで、トイレと一体です。この辺りは古さが目立ってしまっています。
s_DSC01160メロディー
s_DSC01161メロディー
窓からの眺め。遠くに海と山の両方が見える場所にあります。
s_DSC01191メロディー
s_DSC01192メロディー
夜の眺め。旧台東駅方面
s_DSC01168メロディー
メロディーs_DSC01169
ホテルは、古いですが、立地、部屋の広さ、3,000円台で泊まれるのは、おすすめですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/22 00:00 【台東】 TB(0) CM(0)



 台東にある海に近くの蒸餃店です。大きな通りの臨海路一段沿いにあります。 


店名:鄭家蒸餃

住所:台東市中正路48號

営業時間:11:00-14:00、17:00-20:30

地図:

Google mapで評価が高かったこの店は、泊っているホテルから少し遠かったのですが、せっかく、台東に来ましたので、頑張って歩いてみました。赤い看板を見た瞬間、着いた!!て感じでした。
s_IMG_3644鄭
s_IMG_3659鄭
店の前で蒸された籠からは、湯気が出てました。
s_IMG_3660鄭
店の中に入ると、多くの人が楽し気に、食事をしてました。
s_IMG_3648鄭
メニュー表をもらいましって戸惑っていると、日本語のメニューも出してくれました。日本人客も来るんですね。そういえば、ホテルのチェックインの時日本語を話し話している人がいたから、日本人も台湾西部だけでなく、東部に旅行に来る人がいるんですね。
s_IMG_3645鄭
s_IMG_3646鄭
s_IMG_3647鄭
鮮蝦蒸餃。8個で70元。プリプリの大きなエビが中に入ってます。味はくどさがなく何個でも食べれそうな味です。
s_IMG_3652鄭
s_IMG_3653鄭
酸辣湯(小)。30元。香草が結構入っているので、苦手な人はだめかもしれませんが、私は、この香草の風味とインパクトのあるカツオ出汁がくせになりそうな感じでした。いい出汁出てます。
s_IMG_3649鄭
s_IMG_3651鄭
蝦仁蛋焼飯。80元。エビがいっぱい入ってます、ぷりぷりです。私には、少し油っこいなという感じがしました。
s_IMG_3655鄭
ニンニク芽と豚肉の炒め物。170元。私には、少し風味があいませんでした。
s_IMG_3657鄭
s_IMG_3658鄭
店名前にもなっている蒸餃類と酸辣湯はお勧めの店です!!




このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/01/20 00:00 【台東】 TB(0) CM(0)
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>
Twitterタイムライン
ブログQRコード
QR
AD
旅行検索