FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア

 台湾には、三国志の武将「関羽」を祀る廟が各都市にあります。今回は、新竹にある関帝廟です。昼に行くのもいいですが、夜に行くと、非常に幻想的できれいですよ。関羽を参ると同時に幻想的な光を見ることができますよ。



廟名:新竹関帝廟


住所:新竹市南門街109-1號

創建:1776年

主神:関帝聖君(関羽)
    その他岳飛

    関羽は、道教神として台湾の廟で祀られていることが多いです。
    台湾で関羽を祀られている有名な廟として
    台北・行天宮    
    行天宮記事1
    行天宮記事2
    台南・祀典武廟
    祀典武廟記事 があります。

*3級古跡

地図:

南門街は周辺が少し暗いですので、通りを歩いていると廟からの明かりに目が行きます。
s_IMG_5352関帝廟
廟の通りには店が並んでいます。夜ですので店がしまっていますが、朝や昼などはお客さんで賑わっていそうですね。
s_IMG_5353関帝廟
こちらが廟の正面になります。暗闇にぼんやりと赤く光る提灯が非常に印象的です。
s_IMG_5354関帝廟
関羽が祀られている建物は、右側にある建物になります。こちら側は黄色の提灯が屋根の部分に一列に並んでいます。正面には、祀られている関羽を見ることができます。
s_IMG_5356関帝廟
こちらが、廟の正面になります。関帝廟と書かれた扁額と馬英九元総統の名前が入った「義烈昭垂」という扁額があります。
s_IMG_5357関帝廟
それでは右側の入り口から廟の建物の中に入っていきましょう。入口の左側には「心在忠義二字」と書かれています。関羽に合う言葉ですね。
s_IMG_5358関帝廟
さらに入口に入ってすぐ、上には、「精心忠國」と書かれた扁額があります。
s_IMG_5359関帝廟
こちらが主神の関西帝君(関羽)です。赤い顔が非常に特徴的ですね。
s_IMG_5360関帝廟
後殿には、文聖帝君が祀られています。学問の神様になります。
s_IMG_5364関帝廟
次に入口の正面にある大成殿に行ってみます。入口はひとつです。
s_IMG_5366関帝廟
正面に岳飛が祀られています。創建当初は祀られていませんでしたが、1976年の岳飛生誕873年の時、当時の蒋経国行政院長が岳飛の忠を尽くして国に報いる精神を学び、「還我河山(故郷を取り戻す)」するように呼びかけました。1977年にそれに呼応する形で鄂王岳飛の神像と武成王、そして歴代の武廟に祀られている神々を追加して祀りました。
 岳飛は、中国南宋の武将で農家に生まれ、幼い頃に父を亡くし、母と2人で貧しい暮らしをしていましたた。亡き父に厳しい教育を受けていた岳飛は、若いうちから色々な書を読み、武芸にも秀でていました。
s_IMG_5367関帝廟
壁面に描かれている画は、彼が、若い頃に母の手で背中に「尽忠報国」(じんちゅうほうこく)という四文字の入れ墨を刻まれたところですね。尽忠報国の意味は、「忠義を尽くし、国の恩に報いる」ということで、父の教えを忘れないよう入れ墨をもって、身体に刻みつけた。
s_IMG_5368関帝廟
こちらの画にも「尽忠報国」と書かれています。
s_IMG_5369関帝廟
2階には、大歳星君が祀られています。
s_IMG_5370関西帝君
最後に、大歳殿2階からみた関羽を祀る建物です。とてもきれいですね。
s_IMG_5371関せい帝君
関羽を祀る廟は、台湾の至る所にあります。各地の関帝廟巡りをしてみてはどうでしょうか?




この記事は、Canon PowerShot G1 X Mark IIIで撮影しました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/05/20 00:00 【新竹】 TB(0) CM(0)

 今回は、新竹の竹塹城迎曦門から城隍廟夜市へ向かう途中にある重厚感のある「新竹東寧宮」といいう廟になります。

廟名:新竹東寧宮


住所:新竹市東區東門街146號

創建:1821年

主神:東嶽大帝、
    その他:地藏菩薩,配祀五穀先帝(神農大帝)、延平郡王、十殿閻君

地図:

東門円環から東門街沿いに東寧宮があります。夜に行くと重厚感のある建物と光が非常に印象的です。
s_IMG_5309東寧宮
外からでも主神の東嶽大帝を伺い知ることが出来ます。外側は重厚感、外から見える主神は少し豪華さを感じます。
s_IMG_5320東寧宮
それでは中に入ってみましょう。こちらが東嶽大帝と地藏菩薩です。
s_IMG_5311東寧宮
s_IMG_5313東寧宮
主神の右側には、神農大帝です。別名五穀先帝。姓を姜といい、厲郷に生まれ、姜水で育ちました。彼は農具を発明し、人々に農耕と開拓を教え、狩猟から農耕へと変化進展させました。彼は薬草の属性を分類し、人々病を治療しました。台湾で神農大帝が祀られるになったかというと、約百年前、台湾では干ばつで、凶作になったことがありました。その時、神農大帝に雨乞いをすると、本当に雨が降り、日照りや凶作がなくなったという経緯からです。
s_IMG_5314東寧宮
主神の左側には、延平郡王です。台湾ではお馴染みの鄭成功です。
s_IMG_5316東寧宮
十殿閻君
s_IMG_5317東寧宮
s_IMG_5318東寧宮
最後に、天井を見てみると道教のマークがあり、この廟が道教寺院であることがわかります。
s_IMG_5319東寧宮
城隍廟夜市に行く途中に廟はありますので、ぜひ一度寄って見てみてください。






このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/05/19 20:05 【新竹】 TB(0) CM(0)


 今回は、新竹にあるホテルです。場所は、新竹駅から歩いて迎曦門を少し超えた場所にあります。新竹はハイテク企業が多い影響かどうかわかりませんが、ビジネス向けホテルのような感じでした。

ホテル名:福宏商務旅館(フーホン ホテル )

住所:新竹市東區東門街128號

ホームページ:http://fuhunghotel.looker.tw/

チェックイン時間:15:00

チェックアウト時間:11:00

部屋タイプ: スーペリア ツインルーム
         シャワー付き浴槽
         ボトルウォーター (無料)


部屋料金: 5,272 円/1泊
       (朝食有)


日本語対応:可能

ホテル予約方法: ①ハピタス(ポイントサイト) 経由 ②Expedia

ポイント取得状況:①ハピタス・・・205ポイント(205円分)、
            ②他Expediaポイント・・・77ポイント
  *ハピタス経由だと2重でポイント獲得可(ハピタスポイントとExpediaポイントが付きます)

ハピタス登録方法:ハピタス登録は以下からクリック
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
地図:

【ホテル周辺のスポット】
 徒歩 5分以内:迎曦門
 徒歩10分以内:城隍廟夜市、台鉄新竹駅
-------------
場所は、東門円環から東門街通り沿いにあります。ホテルに入ると受付の人に日本語を話すことが出来る方がいますので、周辺のお勧めの店を紹介してもらえます。
s_DSC_0076福宏商務旅館
室内に入ると、少し古さを感じますが、清潔感はあります。
s_DSC_0079福宏商務旅館
湯茶関係。ペットボトルの水とインスタントコーヒー、ティーバッグがあります。
s_DSC_0078福宏商務旅館
エッドの横には机があります。
s_DSC_0080福宏商務旅館
液晶テレビ。SONY製のBRAVIAです。
s_DSC_0081福宏商務旅館
冷蔵庫は大き目のものがあります。
s_DSC_0082福宏商務旅館
トイレ。シャワー付きになっています。
s_DSC_0083福宏商務旅館
バスタブがあり、大き目です。台湾ではバスタブのないところも多いですので、うれしいですね。
s_DSC_0084福宏商務旅館
夜市にも近いです!!
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/05/09 00:00 【新竹】 TB(0) CM(0)
 

 今回は、新竹の象徴というべき竹塹城迎曦門です。新竹も他の都市と同様に城がありました。各都市によって保存状態はまちまちですが、新竹は東門に当たる迎曦門のみが残っています。

史跡名:竹塹城迎曦門(東門)

住所:新竹市北區東門圓環

歴史:
 新竹は昔「竹塹」と呼ばれていました。1733年徐治民によって、竹槍を材料に竹塹の町を囲み、町を東・西・南・北四エリアに分け、掘割を掘って町の防御を固めました。1806年倭寇の襲来に遭い、土壁が築かれるようになり、その後、鄭用錫などにより竹塹城の立て直しの許可を得て、1827年に古い土壁を除き、新しい城は、レンガと石で造られ、上部には石の鋸壁が設けられました。城壁の4か所には二階建ての城門楼が築かれ、上は見張り台、下は基部という造りになっていました。南北東西の4つの門(東:迎曦門、西:挹爽門、南:歌薫門、北:拱宸門)を備えた石とレンガで築城されました。日本統治時代の1902年には都市計画のため、城壁や南門、西門などが取り壊され、東門(竹塹城迎曦門)のみとなっております。

地図:

各城門の位置関係は以下の通りになります。一番下の赤で囲った部分のみが残存する城門(竹塹城迎曦門)です。
新竹城
城門は、東門円環というロータリーの真ん中にあります。周りは現代的な建物や飾りつけがある中で、歴史感ある建物がすごくインパクトあります。
s_IMG_5306東門
s_IMG_5307東門
夕方来たときは近くに行けないのかと思いましたが、次の日の昼間に来ると円環の地下に通路がありました。
s_IMG_5383東門
地下を通って、円環の中心部に近づいてくると、城壁の残骸らしきものがありました。
s_IMG_5384東門
円環の中心部に目をやると、城門がありました。円環の外から見るのと違い、かなりの迫力があります。
s_IMG_5385東門
s_IMG_5389東門
城門近くにある説明文。中文と英文で書かれています。
s_IMG_5386東門
城門の通路のアーチ上部には、迎曦と書かれています。
s_IMG_5387東門
こちらは、通路入口から屋根を見た風景。
s_IMG_5388東門
最後に城門近くにある護城河です。昼と夜の風景になりますが、夜はライトアップされて非常に綺麗です。
s_IMG_5390東門
s_DSC_0075東門
新竹では、駅舎とともにランドマークですので、ぜひ近くで見てください。





このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/05/08 00:01 【新竹】 TB(0) CM(0)

 風の街「新竹」への行き方ですが、台鉄(在来線)と高鐵(新幹線)どちらで行くのがよいか?比較してみました。
まず、新竹駅ですが、台鉄と高鐵では駅が違います。これは台中駅、台南駅と同様です。高鐵新竹駅は、台鉄でいうと六家駅になります。(六家駅は、新竹駅から出ているローカル線の六家線になります。
 それでは、比較してみましょう!!(価格は19年5月時点のものです)

台鉄での行き方
(1)経路
   台鉄台北駅 → 台鉄新竹駅
(2)所要時間
   自強號の場合:約1時間10分
   区間車の場合:約1時間30分
(3)料金
   自強號の場合:177元
   区間車の場合:114元

高鐵での行き方
(1)経路
   台鉄台北駅 → 高鐵新竹駅、台鉄六家駅 → 台鉄新竹駅
(2)所要時間
   台北駅→高鐵新竹駅:約35分
   高鐵新竹駅から台鉄六家駅乗り換え:約10分
   六家駅→台鉄新竹駅:約20分
   *合計約1時間5分(待ち時間含まず)
(3)料金
   台北駅→高鐵新竹駅:290元(通常料金)
   六家駅→台鉄新竹駅: 16元
   *合計306元

【結論】
 台鉄を利用したほうがよい。
 電車の待ち時間等を考えると所要時間は、台鉄のほうが早く、また価格面でも台鉄のほうが安い。   

【その他情報】
 台鉄新竹駅と高鐵新竹駅(台鉄六家駅)の位置関係
新竹までの行き方
高鐵新竹駅。流線形が特徴ですね。
s_DSC_0090高鐵新竹駅
s_DSC_0091高鐵新竹駅
台鉄六家駅。高鐵新竹駅の近くにあります。乗り換え場所になります。
s_DSC_0093六家駅
台鉄新竹駅
s_IMG_5304新竹駅
新竹までの電車利用の際の比較でした







このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/05/07 00:07 【新竹】 TB(0) CM(2)
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>
Twitterタイムライン
ブログQRコード
QR
AD
旅行検索