FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア

 台南は廟が多い街ですが、今回は数ある廟の中でも規模は小さいながらも、印象に残る廟です。路地裏にひっそりとある廟です。




廟名:鎮轅境頂土地公廟

住所:臺南市北區崇安街91號

創建:1748年

主神:土地公

ホームページ:http://foud.com.tw/modules/tinyd0/index.php?id=3

地図:

廟の場所は、ちょうど入り組んだところにあります。福徳街から崇安街へ入るところに黄色の看板が出ています。
s_DSC01706鎮轅境頂土地公廟
細い路地の崇安街に入ると廟が見えます。道路上に黄色の提灯が一直線に並んでます。
s_DSC01708鎮轅境頂土地公廟
廟の正面ですが、間口が非情に狭いのが特徴ですね。
s_DSC01709鎮轅境頂土地公廟
それでは廟の中に入ってみましょう。中に入ると、すぐに前殿があります。
s_DSC01710鎮轅境頂土地公廟
こちらが土地公の「福徳正神」になります。背後の龍が迫力あって、特徴的ですね。
s_DSC01711鎮轅境頂土地公廟
次に後殿に行きます。
s_DSC01713鎮轅境頂土地公廟
後殿の正面も「福徳正神」です。
s_DSC01714鎮轅境頂土地公廟
こちらは、臨水夫人です。
s_DSC01718台南・鎮轅境頂土地公廟
大聖爺
s_DSC01719台南・鎮轅境頂土地公廟
規模は、非常に小さいですが、印象に残る廟でした。









このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/02/22 00:00 【台南】廟 TB(0) CM(0)



 前回に引き続き月下老人が祀られている廟です。「祀典大天后宮」という廟になりますが、台南に旅行に行く人は必ずといってもいいくらい有名な廟になります。
1583年、台南には既に媽祖を祀った天妃廟があり、明朝末期に台湾へやって来た明朝の寧靖王と家族が、天妃廟の後方に建てられた寧靖王府に住んでいました。その後、天妃廟の増築によって、前方に媽祖、後方に観音大士が祀られ、東寧天妃宮と呼ばれるようになりました。1684に、台湾を平定した靖海侯・施琅の申し出によって、媽祖に「天后」の称号が授けられ、天后宮となり、春、秋の祀典に加えられたことで大天后宮という現在の廟名となりました。

廟名:祀典大天后宮

住所:台南市中西區永福路二段227巷18

主神:天上聖母(媽祖)

*国定古跡

参拝時間:6:00-21:00

台湾宗教百景情報:
https://www.taiwangods.com/html/landscape_jp/1_0011.aspx?i=80

地図:


今回は、民族路2段から廟に行ってみたいと思います。最近、民族路二段の入り口に新たな門ができていました。
s_IMG_5441祀典大天后宮
門をくぐった後、右側に国定古跡大天后、そして歴史が大きく明記されています。
s_IMG_5442祀典大天后宮
廟の中に入る前に、まずは、配置と参拝順序を見ていきましょう。
s_IMG_5463祀典大天后宮
順序は三川門から参拝が始まります。こちらが三川門側の廟正面です。入口の上部に主神である天上聖母という文字が書かれています。
s_IMG_5452祀典大天后宮
中に入ると天公炉があります。拝殿です。こちらが一番最初にお参りする場所になります。
s_IMG_5453祀典大天后宮
次に正殿の天上聖母です。
s_IMG_5454祀典大天后宮
線香の煙でほとんど見えなかったので、こちらはアップです。これだけ煙が多いということは、いかに参拝している人が多いかがわかりますね。
s_IMG_5456祀典大天后宮
次に天上聖母の右側の水仙尊王です。海の神様になります。
s_IMG_5455祀典大天后宮
左側には、四海龍王です。人間世界を取り巻く四つの海を治める四人の竜王(東海龍王・南海龍王・西海龍王・北海龍王)のことです。海を統治すること以外に、雲と雨を操る。
s_IMG_5457祀典大天后宮
次に後殿に行ってみます。後殿正面には、「聖父母」です。
s_IMG_5458祀典大天后宮
「聖父母」の反対側には、「三官大帝」です。「三官大帝」は、天官、地官と水官を指し、合わせて「三官」と言われます。三官大帝の神格は玉皇上帝に次ぎます。天官は福をもたらし、地官は罪を赦し、水官は厄除けを行うといわれています。
s_IMG_5459祀典大天后宮
「聖父母」の右側には、「臨水婦人」と「註生娘娘」です。「臨水婦人」は婦女の守護神で、「註生娘娘」は安産の神様になります。
s_IMG_5460祀典大天后宮
左側には、「月老公」と「土地公」です。「月老公」は、月下老人ですね。いわずと知れた恋愛の神様です。「土地公」は、「福徳正神」で、商売と土地、農作物を守る神様となります。写真では少し顔が見えづらいですね。
s_IMG_5462祀典大天后宮
月老公が祀られている横には、中文ですが、お参りの仕方の説明書きがあります。
s_IMG_5461祀典大天后宮
次に観音菩薩が祀られている建物に行ってみましょう!!。正面から見ると、左手側に位置してます。
s_IMG_5443祀典大天后宮
中に入っていきます。
s_IMG_5444祀典大天后宮
廟の前方には、三寶殿です。こちらには、三寶佛祖が祀られています。
s_IMG_5446祀典大天后宮
次に観音佛祖が祀られている観音殿に行ってみます。観音殿は、少し高い位置にあります。
s_IMG_5449祀典大天后宮
こちらが、観音佛祖です。
s_IMG_5447祀典大天后宮
最後に、龍目井という井戸になります。明寧靖王が台湾に来て、300年以上水が綺麗で甘いという説明になってます。
s_IMG_5448祀典大天后宮
台南で有名な廟です。また月下老人もいますので、台南に来た際には、ぜひ行ってみてください!!





このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/17 00:08 【台南】廟 TB(0) CM(0)




 今回は、廟の多い台南の中でも特色のある仏教寺院の「大観音帝」です。どんな特色があるかというと道教廟である「興濟宮」同じ敷地内にあり、台南の四大月下老人の中で一番口が大きいのが特徴です。口が大きいということは、話し上手で魅力溢れるトーク力で、仲介人としてたくさんの良縁をまとめあげてきているということらしいです。ご利益ありそうですね。
 ちなみに月下老人は、台南では、「祀典大天后宮」、「祀典武廟」、「大觀音亭」、「重慶寺」の4か所に祭られており、「四大月老廟」と呼ばれています。
 それぞれの廟のご利益は、祀典大天后宮は、独身で意中の相手がいる人が、[月因]脂水粉(パウダーチーク)」を用意してを婚活の悩みに一番効くと言われています。
 祀典武廟は、独身で想う人がいない場合、重慶寺は、交際相手がいる人や既婚者の場合、大観音亭はカップルが一緒に参拝するとゴールインが叶うとされています。

 それでは、大観音帝と興濟宮をそれぞれ紹介していきます。
廟名:大観音亭、興濟宮

住所:台南市北區成功路86號

参拝時間:7:00-21:00

ホームページ:http://www.da-shing.org.tw/
 
主神:大観音亭・・・観音佛祖 (1678年建立)
    興濟宮・・・保安大帝  (1679年建立)

地図:

場所は、台鉄台南駅正面に伸びる大通りの成功路沿いにあります。廟に訪問した時(18年5月)、ちょうど工事中でしたが、廟前の赤い提灯がとても印象的でした。
s_DSC01678大観音帝
赤い提灯の下を歩き、階段を上がると入口があります。入口の手前の左右にそれぞれの廟があります。左側に大観音帝、右側に興濟宮です。
s_DSC01679大観音帝
s_DSC01680大観音帝
入口の左側に石碑と廟の説明文があります。碑には三級古跡と書かれています。こちらは大観音帝です。
s_DSC01681大観音帝
s_DSC01682大観音帝
入口の右側も同様です。こちらは、興濟宮です。大観音帝と同じ三級古跡です。
s_DSC01683大観音帝
s_DSC01684大観音帝
まずは、興濟宮から入っていきましょう。
s_DSC01685大観音帝
中に入ると正面に、保生大帝が鎮座してます。保生大帝(979~1036)は、姓を呉、名を夲、福建省の泉州府同安県白礁郷人。幼少期から聡明で、多くの書物を広く読み漁り、一度読んだら忘れず、特に医術に優れていました。24歳で科挙に合格し、御史職に任ぜられ、その後、辞職し隠居すると、白礁大雁山で修行しました。一生菜食で結婚せず、医者として世の人々を救い、助けた人は無数で、死後に神として祀られるようになりました。
大観音帝s_DSC01686
保生大帝は生前、点龍眼、医虎喉(龍の目に薬をさし、虎の喉の痛みを癒し)などの伝説があります。昇天した後も、感謝した竜はのちに保生大帝の乗り物に、虎は守護者となったといわれています。両脇には、龍と虎の彫刻があります。
大観音帝s_DSC01688
s_DSC01687大観音帝
次に大観音帝です。まずは、配置からです。主神の大観音帝は正面、月下老人は大観音帝の右側にいます。
s_DSC01696大観音帝
後殿から、正面手前に釋迦牟尼佛、彌勒佛、藥師佛、阿彌陀佛、大勢至菩薩、両端に韋馱與伽藍菩薩です。
s_DSC01699大観音帝
正殿の観音佛祖。
s_DSC01693大観音帝
最後に縁結びの神様「月下老人(月老公)」です。英語表記ですと、「God Of Matchmaking」で、仲人の神様の意味になります。なんかご利益がありそうですね。
s_DSC01698大観音帝
月下老人が古くから祀られている廟です。台南に行ったら、お参りするといいことがありそうですね!!
次回も同じ台南で月下老人が祀られている「四大月老廟」のひとつ「祀典大天后宮」を紹介していきたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/01/08 23:42 【台南】廟 TB(0) CM(0)
 台南は、非常に廟が多い都市です。少し歩けば廟があります。台南=廟といっても過言ではなく、台南の日常の性格に溶け込んでいます。今回は、そんな多くの廟がある台南で、私の気になる廟です。私は、夜の台南の街を歩くことが多いですが、いつも気になって仕方なかったのです。その廟の名前は、「海安宮」という媽祖廟になります。

廟名:三郊鎮港海安宮

住所:台南市中西区金華路四段44巷

主神:媽祖(天上聖母)

創建:1788年

地図:

場所は、大通りの文賢路から金華路に入ったところにあります。この廟の雰囲気よくないですか?
s_DSC01452海安宮
屋根にいる龍が今にも動きだしそうな雰囲気です。
s_DSC01453海安宮
両端には、石像が2体あります。
s_DSC01454海安宮
s_DSC01455海安宮
外から見た廟の正面。
s_DSC01456海安宮
廟入り口の柱。龍が立体的で今にも動きだしそうな雰囲気です。
s_DSC01457海安宮
廟の中に入ってみます。こちらが正面の正殿です。
s_DSC01458海安宮
正殿の天上聖母(媽祖)。
s_DSC01459海安宮
s_DSC01460海安宮
次に後殿に行ってみます。
s_DSC01461海安宮
後殿に入ると、生きた亀がいました。結構、元気に動いていました。
s_DSC01462海安宮
s_DSC01463海安宮
後殿正面には、観音菩薩。
s_DSC01464海安宮
右側には、註生娘娘
s_DSC01465海安宮
s_DSC01466海安宮
左側には、福徳正神です。
s_DSC01467海安宮
s_DSC01468海安宮
最後に夜の廟です。昼と違った雰囲気です。
s_IMG_2807台南夜散歩
s_IMG_2808台南夜散歩
以上、私の台南の気になる廟でした。
【台湾現地ツアーのチェックなら】






このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/08 21:56 【台南】廟 TB(0) CM(0)

 台南は、街中に廟があり、日常の生活に廟が溶け込んでいます。時には、こんなところに廟があるんだと驚いてしまうことや、見逃してしまいそうな場所にあったりします。
 今回は、「開基武廟」という廟ですが、間口が狭く見逃してしまいそうな廟ですが、実際入ってみると印象的な廟です。
 「開基武廟」は文衡大帝を主に祀っており、関聖帝君とも呼ばれています。そうです、三国志の武将「関羽」を祀っています。

廟名:開基武廟

住所:台南市台南市中區新美街116號

宗教:道教

主祀:文衡大帝(関羽帝君)

三級古蹟

建立:1669年

地図:



間口が非常に狭いので、見逃してしまうかもしれません。ちょうど、近くを通りかかった際に自転車に乗った老人が自転車を止め、自転車上でそのまま廟に向かってお祈りしてました。日常生活に廟が密着しているんですね。特に台南は・・・。
s_DSC01435開基武廟
s_DSC01436開基武廟
廟に入るとすぐに、神様がいます。
s_DSC01437開基武廟
上部には、馬英九元総統の題字があります。
s_DSC01438開基武廟
文衡大帝(関羽帝君)です。三国志でもお馴染みの関羽。本当に台湾人は、関羽のことが好きですね。
s_DSC01439開基武廟
赤い顔と長いひげが特徴的です。顔も非常に迫力がありますね。
s_DSC01440開基武廟
次に後殿に行きます。後殿へは黄色い提灯が印象的です。間口は非常に狭いですが、奥行きは非常にある廟です。
s_DSC01441開基武廟
s_DSC01442開基武廟
後殿の中に入ります。
s_DSC01443開基武廟
中に入ると正面に大きな神様がいます。
s_DSC01444開基武廟
正面の神様は、文衡大帝(関羽帝君)です。こちらも迫力が非常にあります。
s_DSC01445開基武廟
右側に、観世音菩薩がいます。
s_DSC01446開基武廟
s_DSC01447開基武廟
左側には、福徳正神です。
s_DSC01449開基武廟
s_DSC01450開基武廟
後殿の反対側には、三官大帝です。
s_DSC01451開基武廟
台南は、多くの廟があり、見逃してしまいますが、それぞれに歴史がありますので、見つけた際にはのぞいてみてはどうでしょうか?

【お得な情報】
ネットショッピング、旅行代金、航空券・宿泊予約をハピタス経由なら、ポイントが貯まり、ポイントから現金化できる。ハピタス登録は以下から
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【広告】


このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/06/13 00:01 【台南】廟 TB(0) CM(0)
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>
Twitterタイムライン
ブログQRコード
QR
AD
旅行検索