FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア


*申し込みと使用体験談記事はこちら(出発日の5日前に予約が必要です)
https://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-671.html
---------------------------
 三国時代の武将関羽を祀る廟は、台湾の各地にありますが、今回は屏東駅近くにある聖帝廟という道教廟になります。

廟名:聖帝廟

住所:屏東縣屏東市永福路36號

拝観時間:7:00-22:00

ホームページ:http://www.323pt.org.tw/redgod.php

創立:1780年

地図:

台鉄屏東駅下車、正面の大通りである中山路を歩いていきます。すると左側側にかなり大きな慈鳳宮という廟がありますので、永福路へと右折します。およそ200m位歩くと右手に廟が見えます。廟には「聖帝廟」、下に「関聖帝君」と書かれています。
s_IMG_5866聖帝廟
廟の前には、左側に青龍偃月刀を持った関羽の銅像があります。関羽の銅像がある廟は珍しいですね。
s_IMG_5867聖帝廟
関羽が立っている台座には、文字が書かれています。「守護阿猴聖関公略イ専」の文字があります。阿猴は昔の屏東の呼び名ですね。
s_IMG_5868聖帝廟
入り口のところには、聖帝廟という扁額と黄色い提灯があります。
s_IMG_5869聖帝廟
中に入っていきましょう。天井部には、黄色い提灯の2文字の彫り物があります。絵の彫り物もかなり細かいですね。
s_IMG_5870聖帝廟
s_IMG_5871聖帝廟
入って、正面には主神である関羽が祀られています。
s_IMG_5873聖帝廟
2つの扁額が近くにあります。「忠義千秋」と「丹心千古」です。どちらのことばも義の男関羽にふさわしいですね。
s_IMG_5875聖帝廟
s_IMG_5874聖帝廟
それでは2階に上がってみましょう。
s_IMG_5876聖帝廟
2階の正面には、西方三聖と書かれています。仏教の阿弥陀三尊です。真ん中に阿弥陀如来、左に観音菩薩と、右の勢至菩薩です。道教と仏教が融合された廟ですね。
s_IMG_5877聖帝廟
三尊の右側には、境主尊王です。
s_IMG_5879聖帝廟
左側には、福徳正神です。
s_IMG_5878聖帝廟
最後に2階から見た屋根を見てみましょう。両端の部分が跳ね上がったところが特徴ですね。龍がいっぱいいます。
s_IMG_5880聖帝廟
s_IMG_5881聖帝廟
どうでしたでしょうか?屏東駅近くに来た際には、慈鳳宮とともに来てみてください。






このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/30 00:00 【屏東】「屏東」 TB(0) CM(0)
 


 屏東駅は、大きい駅ですので、特急・急行が停まります。台鉄で高雄駅から屏東駅まで自強號、莒光號の利用で約20分です。
今回は、そんな屏東駅から徒歩で行ける印象的な廟です。私が台湾で見た廟の中でも1、2を争う位の金色が眩しい廟です。
 それでは、詳細を説明していきます。

廟名:屏東慈鳳宮

住所:屏東市中山路39號

ホームページ:http://www.323pt.org.tw/

地図:

屏東駅。最近、新しくなり、規模も大きくなりました。
s_DSC_0012_3屏東慈鳳宮
台鉄屏東駅北(光復路)出口を出ると、正面に大きな通りの中山路があります。
s_DSC01328朱媽媽氷店
さて、中山路を歩いていきましょう。するとかなりインパクトのある廟に目がいきます。廟の名前とともに天上聖母と書かれています。こちらの主神は、天上聖母(媽祖)になります。
s_DSC01349屏東慈鳳宮
大きさにも驚きですが、屋根のあたりをみると、その複雑さに心が吸い込まれていきます。
s_DSC01350屏東慈鳳宮
こちらが廟の入り口になります。入口の付近からも廟内の金色一色になっているのがわかります。かなりまぶしいです。
s_DSC01351中山路
入口両脇の柱の龍です。立体的な彫り物で今にも動きだしそうな雰囲気です。
s_DSC01352中山路
さぁ、入ってみましょう。入った瞬間、心の中で「うわぁー」っていう言ってしまいました。この金色のまぶしさと、大きさ、なんと表現していいかわからないですが、心が引き込まれて行きます。
s_DSC01353中山路
正面に位置するのは、こちらの廟の主祀である「天上聖母」です。
s_DSC01354中山路
天上聖母は、媽祖(まそ)とも呼ばれ、航海・漁業の守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神です
真ん中に天上聖母大媽です。金色がまぶしいです。
s_DSC01355屏東慈鳳宮
s_DSC01356屏東慈鳳宮
正面右側には、天上聖母二媽です。
s_DSC01359屏東慈鳳宮
s_DSC01360屏東慈鳳宮
正面左側には天上聖母三媽です。
s_DSC01357屏東慈鳳宮
s_DSC01358屏東慈鳳宮
なかなか写真では、この豪華さがわかりづらいと思いますので、動画でご覧ください。金色が非常に眩しいですよ。

次に同じフロアの後殿です。こちらには、「送子観音」が祀られています。安産・子宝を授ける観音様となります。
s_DSC01362屏東慈鳳宮
「送子観音」が子供を抱いていますね。
s_DSC01363屏東慈鳳宮
同じく後殿の「文昌帝君」です。学問の神様になります。中国において、隋時代から1905年まで科挙という難関試験が行われていましたが、科挙合格祈願として奉られていました。
s_DSC01364屏東慈鳳宮
s_DSC01365屏東慈鳳宮
次に2階に行ってみます。2階の廊下は1階と比較し、いい意味で質素な感じです。
s_DSC01367屏東慈鳳宮
2階の中心に「観音菩薩」です。仏教の菩薩の1尊です。日本人でしたら、親しみのある神様ですね。
s_DSC01368屏東慈鳳宮
s_DSC01369屏東慈鳳宮
右側に「註生娘娘」です。安産と子育ての神様になります。こちらは、台湾の廟では、よく祀られている神様ですね。
s_DSC01370屏東慈鳳宮
s_DSC01371屏東慈鳳宮
一番右側には道教神である「境主尊王」です。地方行政の神様です。
s_DSC01372屏東慈鳳宮
s_DSC01373屏東慈鳳宮
観音菩薩の左隣には、「七夕娘娘」です。「註生娘娘」は早く子供生みを祈り、妊娠している間は、「臨水夫人」に無事に出産できるように祈り、出産してから16歳までの子供を守ってくれるように、「七夕娘娘」にお祈りします。
s_DSC01374屏東慈鳳宮
s_DSC01375屏東慈鳳宮
七夕娘娘」の左隣には「福徳正神」です。 商売と土地、農作物を守る神様となります。
s_DSC01376七夕娘娘」
s_DSC01377七夕娘娘」
次に3階に向かいますが、3階から2階を見た風景です。オレンジ色の提灯と立体的な柱が印象的です。
s_DSC01378七夕娘娘」
3階の正面には、「玉皇大帝」です。道教での事実上の最高神で、天界の支配者かつその下の地上・地底に住むあらゆるものの支配者とされています。すべての神々と仙人は玉皇大帝から位を与えられてその身分を定められたとされています。
s_DSC01379屏東慈鳳宮
s_DSC01380屏東慈鳳宮
玉皇大帝の右隣は、「南斗星君」です。万物の「生」を司り、生きるものの行き先を決める神様です。ご利益は、安産子授。
s_DSC01381屏東慈鳳宮
s_DSC01382屏東慈鳳宮
右端には、保生大帝です。福建省の泉州府同安県白礁郷人で、北宋の太宗太平興国4年(979年旧)に生まれました。幼少期から聡明で、多くの書物を広く読み漁り、一度読んだら忘れず、特に医術に優れていました。24歳で科挙に合格。生前は、点龍眼、医虎喉(龍の目に薬をさし、虎の喉の痛みを癒し)などの伝説があります。
s_DSC01383屏東慈鳳宮
s_DSC01384屏東慈鳳宮
玉皇大帝の左隣には、「北斗星君」。万物の「死」を司り、寿命を決める神様。死する行先を決める神様。ご利益は、健康長寿
s_DSC01385屏東慈鳳宮
s_DSC01386屏東慈鳳宮
最後に左端には三坪祖師です。三平義中禪師。唐代の仏教僧になります。
s_DSC01387屏東慈鳳宮
s_DSC01388屏東慈鳳宮
3階から見た廟の屋根です。龍が非常に印象的です。
s_DSC01389屏東慈鳳宮
こちらの廟は、1階はきらびやか、2階、3階は厳かな雰囲気で、非常にギャップのありました。屏東に来た際には、絶対に行ってほしい廟ですね。


【お得な情報】
ネットショッピング、旅行代金、航空券・宿泊予約をハピタス経由なら、ポイントが貯まり、ポイントから現金化できる。ハピタス登録は以下から
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【広告】


このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/29 00:01 【屏東】「屏東」 TB(0) CM(0)

台湾で一番お得なレンタルWIFI 「jetfi」

*申し込みと使用体験談記事はこちら(出発日の5日前に予約が必要です)
https://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-671.html
---------------------------
 今回紹介するのは、「龍蝦先生的秘密巣穴設計青旅(Mr Lobster Secret den Hostel)」というホテルになります。ホテルは桃園メトロ台北駅まで徒歩5分以内、MRT北門駅まで徒歩5分から10分で行ける場所にあります。桃園空港を利用する際には、非常に便利です。また、私がチェックインした日は、飛行機の遅延で深夜2:00頃でしたが、チェックインも問題なくできました。LCCの桃園国際空港着が夜遅い便がありますが、深夜到着のLCCの利用の場合もチェックインに全く心配いらないホテルです。
 それでは詳細を紹介していきたいと思います。

ホテル名:龍蝦先生的秘密巣穴設計青旅(Mr.Lobster Secret den Hostel)

住所:台北市大同區重慶北路一段22號9樓

ホームページ:http://www.mrlobstersecret.com/
*ホームページは日本語もあります。

LINE ID:lobstertaipei

日本語対応:不可

ホテル周辺の情報:
徒歩5分内・・・桃園メトロ台北駅
徒歩10分以内・・・MRT北門駅、寧夏夜市、迪化街

*コンビニ・・・徒歩5分内にセブンイレブン

地図:

ホテルの場所は、重慶北路一段沿いのこのビルの9階になります。台湾でよくあるビルの1フロアがホテルになっているタイプです。
s_IMG_4161lobsters.jpg
建物への入り口は2つあります。ひとつめはビルの正面からの入り口です。上部に慶福大楼22と書いてあります。通路が狭いですが、そのまま歩くとエレベータがありますので、9階まで上がってください。
s_IMG_4159lobsters.jpg
ひとつめの入り口は、夜遅い時間帯は閉まっていることがありますので、ピンクの看板の隣にある通路(重慶北路一段26巷)を通って左側にあるふたつめの入り口を使用します。
s_DSC_0207lobsters.jpg
正面の入り口同様、上部に慶福大楼22とかいてありますので、こちらから入りすぐ右手側にエレベータがありますので、そのまま9階まで上がります。
s_IMG_4158lobsters.jpg
9階のエレベータを降りると正面に受付があります。
s_IMG_4156lobsters.jpg
受付の横には、台湾の観光案内の無料冊子が置いてあります。
s_IMG_4157lobsters.jpg
チェックインを済ませ、部屋に行ってみます。部屋に行くまでの廊下ですが、建物自体が古いですが、完全に新しくリフォームする形ではなく、古さを活かしたデザインになってます。台湾では宮原眼科や林百貨のように古い建物を活かしたものが多いですが、この点は、台湾人のうまさかもしれませんね。逆におしゃれさを感じます。
s_IMG_4154lobsters.jpg
s_DSC_0194lobsters.jpg
s_DSC_0208lobsters.jpg
こちらは、廊下にある電球です。今まで見たことがない照明器具ですね。なかなかお洒落な感じがします。
s_DSC_0193lobsters.jpg
それでは、部屋に入ってみましょう。部屋は広めの大きさです。ベッドは窓際にあります。
s_IMG_4144lobsters.jpg
ベッドの正面には、液晶テレビとソファがあります。その上にエアコンがあります。ベッドには直接エアコンの風があたりませんので、冷え性の女性にもいい位置にありますね。テレビ番組は日本のものも見ることができます。
s_IMG_4146lobsters.jpg
床はフローリングになっています。かなり綺麗ですね。
s_IMG_4145lobsters.jpg
次に窓からの眺めです。台北駅がかなり大きく見えます。
s_IMG_4152lobsters.jpg
窓を開けて台北駅を見てみると、かなり近くにあるのがわかります。
s_IMG_6131lobsters.jpg
さらに夜になるともっとすごいです。ご存じの人はわかると思いますが、夜の台北駅は時間によって色が変わるライトアップがされます。部屋の窓からライトアップを見ることができます。
s_IMG_6242lobsters.jpg
s_IMG_6243lobsters.jpg
また部屋に戻ります。今度はバスルームです。トイレはシャワー付きではありません。
s_IMG_4150lobsters.jpg
洗面に備え付けは歯ブラシのセットです。
s_IMG_4151lobsters.jpg
シャワールームは広めで、トイレ部分との区切りはありません。シャワーは通常のものとレイン式と2通りあります。シャンプーとボディーソープは備え付けです。
s_IMG_4149lobsters.jpg
台北駅に近いですので、桃園空港を利用の際、台北駅を中心に台湾を旅行したい人にはお勧めのホテルです。
今回は、一人部屋に宿泊しましたが、部屋のタイプとしてドミトリータイプもあるようです。







このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/26 22:33 【台北】ホテル TB(0) CM(2)
kenmm888

日本へ帰国です。あっという間に時間が過ぎました。また来月も来ようかな⁉️ https://t.co/THLB45QcMW
09-25 14:32

https://t.co/4Nt0iAJxAw
09-25 13:53

桃園国際機場第一ターミナルですでに台湾の新航空会社スターラックスのじゅんびが始まってました。さすがにエバー航空と同じターミナルは、できないですね。 https://t.co/RkjqQ0RiNE
09-25 13:53

台湾最終日の朝食は、ホテル近くの太源粥品で海鮮粥を食べます。粥の中には、エビ、イカ、白身魚、カキ、生姜と具沢山でした。#太源粥品 https://t.co/SJ7s2sxgxo
09-25 10:33

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/26 04:04 4トラベル旅行記 TB(0) CM(0)
kenmm888

今回、マンゴーかき氷を食べてなかったので、日本人土定番の冰讃に。今年は10月末までの営業です。また来月こなあかん⁉️#冰讃 https://t.co/sqwP2AiocH
09-24 21:25

台湾最後の夜は延三夜市の大橋頭魯肉飯で。お店の方の人柄、味が私のお気に入りです。四神湯の具の多さは驚きです。#大橋頭魯肉飯 https://t.co/jVZTJ3w3Me
09-24 20:17

昼食は鈥鍋というお店です。かなり豪華でした。野菜、肉、海鮮の火鍋🍲。伊勢エビ、ロブスターまであります。google mapで、驚異の星4.9の評価のお店ですが、評価通りの満足感でした。#鈥鍋 https://t.co/LXiO4q7nBU
09-24 16:33

食後は、寧夏夜市の大橋頭 祥記純糖麻糬でスイーツです。かき氷の上に花生粉(ピーナッツ粉)がかかった餅がのったこの食べ物が私のお気に入りです。#大橋頭祥記純糖麻糬寧夏店 https://t.co/m0QHtgoVUl
09-24 00:25

寧夏夜市に行ったが、方家がやってなかった。もう魯肉飯モードなので、鬍鬚張魯肉飯で夕食。#鬍鬚張魯肉飯 https://t.co/Fb0mLwi41X
09-24 00:19

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/09/25 04:05 4トラベル旅行記 TB(0) CM(0)
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
21位
アクセスランキングを見る>>
Twitterタイムライン
ブログQRコード
QR
AD
旅行検索