おいしい台湾!!(台湾旅行情報 )

「龍山寺」台湾で一番有名な廟

2017/09/02
【台北】廟 0
 1738年に創建された 「龍山寺」は、台湾で一有名な廟で、地元の人・観光客で賑わっています。台湾最古の廟です。天災や戦争で何回か倒壊しましたが、現在の建物は、第二次世界大戦のあとに再建されました。

廟名:艋舺龍山寺

住所:臺北市萬華區廣州街211號

ホームページ(日本語):http://www.lungshan.org.tw/jp/index.php

龍山寺場所:


龍山寺ってどんな廟?
1738年に創建された台湾で最古の廟で、福建省泉州から台湾に渡った人々が建てたものと伝えられています。
龍山寺の構成は、「前殿」「本殿」「後殿」になります。仏教・道教が融合したお寺です。
[前殿]
三法仏
[本殿]
観世音菩薩・・・本尊である観音様
普賢菩薩
文殊菩薩
[後殿]・・・道教、合計19の神様が鎮座
文昌帝君、大魁星君、紫陽夫子、馬爺、天上聖母、太陽星君、太陰星君、註生娘娘、池頭夫人、十二婆者、水仙尊王、城隍爺、龍爺、福德正神、關聖帝君、三官大帝、華陀仙師、地藏王菩薩、月老神君となります。
・文昌帝君・・・学業と試験の神様
・關聖帝君・・・三国志で有名な関羽雲長。義の男
・華陀仙師・・・中国後漢末期の薬学・鍼灸に非凡な才能を持つ伝説的な医師。三国志で有名な曹操の典医。位置は後殿右側。
・註生娘娘・・安産の神様
・月老神君・・・良縁の神。左側
・天上聖母・・・媽祖(まそ)とも呼ばれ、航海・漁業の守護神として、中国沿海部を中心に信仰を集める道教の女神。松山慈祐宮
         では主祭神。中心に位置してます。

龍山寺駅を降りると、大きな広場があります。年を取った方がボードゲームを楽しんでます。
s_DSC_0604.jpg
s_DSC_0606.jpg
この写真は、多くの人が見る場所です。
s_DSC_0605龍山寺
外門から入って右手側の風景です。
s_DSC_0612.jpg
入る際は、右側から入ります。入口は龍門、出口は虎門になります。
s_DSC_0613.jpg
s_DSC_0614.jpg
s_DSC_0615.jpg
s_DSC_0616.jpg
前殿。赤い半月形の木片で願い事をしている人が多いです。。
s_DSC_0646.jpg
s_DSC_0638.jpg
s_DSC_0643.jpg
前殿前の香炉
s_DSC_0619.jpg
前殿から見た本殿
s_DSC_0618.jpg
s_DSC_0617.jpg
s_DSC_0650.jpg
後殿に向かいます。s_DSC_0623.jpg
途中特徴的な建物や装飾物
s_DSC_0621.jpg
s_DSC_0622.jpg
s_DSC_0620.jpg
後殿です。中心にある香炉、沢山の線香がありますので、刺すのがたいへんです。
s_DSC_0642.jpg
後殿の中心
s_DSCN0072.jpg
後殿の水仙尊王、天上聖母、註生娘娘
s_DSC_0625.jpg
後殿の文昌帝君、紫陽夫子
s_DSC_0624.jpg
天上聖母
s_DSC_0630.jpg
註生娘娘
s_DSC_0631.jpg
文昌帝君
s_DSC_0626.jpg
紫陽夫子
s_DSC_0628.jpg
関聖帝君。三国志で有名な関羽雲長、蜀漢の劉備、張飛と桃園の儀の契りを交わした義の男。台湾の廟には、関羽が祀られてます。
s_IMG_0458.jpg
s_DSC_0635.jpg
s_IMG_0457.jpg
出口は左側からです。出口右側のある噴水
s_DSC_0653.jpg
s_DSC_0652.jpg
s_DSC_0654.jpg
台湾に来たら絶対龍山寺に行くべきですね。





関連記事
       
  
                
      

Comments 0

There are no comments yet.
けんいち
Admin: けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

【兄弟ブログ】
・おいしい台湾!!(台湾に来たらココ!! )
 https://oitaiwan.jp

・台湾の気になる景色
 https://oitaiwan-pic.com
おいしい台湾!!(台湾旅行情報) - にほんブログ村
Twitterもフォローお願いします!!
【台北】廟