おいしい台湾!!(台湾旅行情報 )

「艋舺青山宮」龍山寺近くの廟

2016/06/28
【台北】廟 0
 台北の寺院といえば、「龍山寺」、「行天宮」が有名ですが、龍山寺近辺にも「青山宮」「清水厳」がありますので、龍山寺に行った際には、一緒に行くのもよいかと思います。
今回は、「青山宮」です。

廟名:艋舺青山宮

住所:台湾台北市萬華区貴陽街2段218號

場所:

青山宮ってどんな廟?
 三国時代の孫権の将軍であった張滾。彼は泉州恵安を治めることに功をなした人物で、没後に青山宮が建てられました。張滾は「青山王」あるいは「霊安尊王」と称されていました。青山王は疫病を鎮める能力をもち、司法を掌り、善悪を懲罰すると言われています。
1859年に艋舺青山宮の建築工事が終了しました。青山王とも称され、霊安尊王が祀られています。どうして小さな青山宮が万華地区の信仰の中心になったか?。1851年~1861年、万華の町に疫病が広まりました。そこで中国出身の漁民が青山王を台湾に迎えることにしたそうです。ところが、神像がこの一帯を通りかかった時、急に動かなくなってしまいました。神様に問うと、青山王がここに住みたがっていることがわかりました。そして、病人が祈願するとたいへん霊験あらたかだったので、信徒がどんどん増えたんだそうです。  参照・・・台北サイトより

祀られているのは張滾です。三国志でいうと「関羽」「諸葛亮」「劉備」「周諭」「曹操」等が有名ですが、張滾はちょっと知名度が低いようなきがします。どんな人物なんだろー??
さて、寺院がどんなのかですね。

通りには立派な門があります。
s_IMG_0474.jpg
龍山寺と比較すると人が少なく、ひっそりしてます。旅行者は少なく、地元の人が多いという感じです。
s_IMG_0475.jpg
中心部
s_IMG_0477.jpg
s_IMG_0480.jpg
s_IMG_0482.jpg
s_IMG_0479.jpg
龍山寺に行った際には、こちらにも・・・。









関連記事
       
  
                
      

Comments 0

There are no comments yet.
けんいち
Admin: けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

【兄弟ブログ】
・おいしい台湾!!(台湾に来たらココ!! )
 https://oitaiwan.jp

・台湾の気になる景色
 https://oitaiwan-pic.com
おいしい台湾!!(台湾旅行情報) - にほんブログ村
Twitterもフォローお願いします!!
【台北】廟