おいしい台湾!!(台湾旅行情報 )

【台南】「赤崁楼」鄭成功の足跡と台南の発展がわかる

2017/09/24
【台南】史跡・歴史的建造物 0
台南史跡

 今回は、台南に来たら、外せない観光地「赤崁楼」です。

観光地名:赤崁楼

住所:台南市民族路212號

入館時間:8:30-17:30

入場料:大人・・・50元 子供・・・25元

*1級古跡

場所:





赤崁楼とは? 
 1652年にオランダ人に創設されたもので、もとはプロビンティア城(オランダ語で永遠の意味)と言われていましたが、のちに中国人に「赤崁城」、「番仔楼」、「赤毛楼」などと呼ばれるようになりました。赤さが際立ってますが、もち米やカキの殻の灰、砂糖水をつなぎにした赤いレンガを用いて作られています。明代、清代、日本統治時代と長い歳月を経ているものの、昔ながらの風貌がほぼ保たれています。オランダ人により占拠されていた時代から行政要所とされ、1661年に鄭成功がオランダ人を駆逐した後、プロビンティア城を首府に制定しました。

 清代初期、台江が土砂で閉塞される前、赤崁楼のすぐそばまで波涛が達し、「赤崁の黄昏」は当時有名な台湾八景の一つでした。赤崁楼の前には外地から運ばれ、清代に造られたという9基の石亀駄碑があります。伝説によれば石亀は龍が生んだ9人の子の一人で、重責を負わされていたため、亀の形にされたといいます。また、「断足の石馬」像は石馬が妖怪に化けて悪さをしに夜な街へ出てくるため、足を切られ現在の姿になったという話が伝わっています。

 時間とともに赤崁楼は人による破壊とずさんな管理により次第に倒壊していきました。オランダ風の建物に中国風建築が加えられ、観音菩薩などの神明が奉られていた時期もありました。日本統治時代には陸軍の衛戍病院として利用され、改築や修繕の手が加えられました。台湾が主権を取り戻してからは木製だった建物が鉄筋コンクリート構造に変えられ、主な入り口の方向も変更されて、現在の様子となりました。
赤崁楼
s_DSC00095chikanrou.jpg
赤崁楼入口
s_IMG_1161.jpg
入口の獅子
左側は、雌で子供もいます。
s_IMG_1816.jpg
右側は、雄で吠えてます。
s_IMG_1815.jpg
正面からの 赤崁楼
s_IMG_1203.jpg
鄭成功とオランダ人の講和像(赤崁講和)
s_IMG_1163.jpg
s_IMG_1164.jpg
s_IMG_1165.jpg
赤崁楼に入ります。
s_IMG_1167.jpg
s_IMG_1176.jpg
入るとすぐに、鄭成功の肖像画があります。
s_IMG_1168.jpg
鄭成功とオランダ人の台湾での歴史
s_IMG_1170.jpg
赤崁楼の修復の歴史
s_IMG_1173.jpg
s_IMG_1174.jpg
文昌閣
s_IMG_1178.jpg
s_IMG_1181.jpg
s_IMG_1182.jpg
s_IMG_1183.jpg
日本人が1944年に発掘した普城稜堡跡。赤いレンガ積みが特徴です。
s_IMG_1184.jpg
s_IMG_1185.jpg
s_IMG_1186.jpg
s_IMG_1187.jpg
s_IMG_1188.jpg
s_IMG_1189.jpg

建物の出入り口は非常に特徴的です。
s_IMG_1191.jpg
海神廟
s_IMG_1196.jpg
s_IMG_1200.jpg
昔の船の模型です。
s_IMG_1194.jpg
柱の色彩が鮮やかです。
s_IMG_1192.jpg
s_IMG_1195.jpg
台湾の古地図
s_IMG_1193.jpg
上空からの風景
s_IMG_1197.jpg
台湾と台南発展がわかります。歴史を調べながら見るのもいいものだと思います。




関連記事
       
  
                
      

Comments 0

There are no comments yet.
けんいち
Admin: けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

【兄弟ブログ】
・おいしい台湾!!(台湾に来たらココ!! )
 https://oitaiwan.jp

・台湾の気になる景色
 https://oitaiwan-pic.com
おいしい台湾!!(台湾旅行情報) - にほんブログ村
Twitterもフォローお願いします!!
【台南】史跡・歴史的建造物