おいしい台湾!!(台湾旅行情報 )

【台南】「国立台湾文学館」日本統治時代の建造物

2016/11/17
【台南】史跡・歴史的建造物 0
台南・日本統治時代建物
 台南は、日本統治時代の建物が多く残ってます。今回は、その中でも湯徳章紀念公園のロータリーから目立つ建物である国立台湾文学館です。

建物:国立台湾文学館(旧台南州庁)

住所:台南市中西區中正路1號

開館時間:9:00-18:00(金土21:00まで)
定休日:月曜
*入館は無料です。

:ホームページ:http://jp.nmtl.gov.tw/index.php?option=com_content&view=frontpage&Itemid=41

設計者:森山松之助

*台湾総統府、臺南地方法院、国立台湾文学館で日本統治時代の台湾3大古典建築と呼ばれています。
  3建築物とも、森山松之助が関わっています。

*臺南地方法院のブログはこちら
 http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-696.html

地図:

台鉄台南駅から中山路を歩き、ちょうど円環になっている湯徳章紀念公園に来たときにその印象的な建物を目にすることができます。公園に植えられている緑の木々の間から国立台湾博物館の建物が見えます。
s_DSC_0350tainan.jpg
元台南合同庁舎から見た建物。この場所にあってかなり目立ちます。この時代の特徴かもしれませんが、屋根部のドーム型が目立ちます。他の建物と比較すると、少し小さめかもしれません。
s_IMG_1882.jpg
正面ですが、こちらが建物の入り口になります。壁は上半分がレンガ色、下半分が白色になっています。遠くから見ても非常に目立ちます。
s_IMG_1883.jpg
s_IMG_1894.jpg
s_IMG_1895.jpg
s_IMG_1897.jpg
さて、建物の中に入ってみましょう。建物の雰囲気を十分に味わえます。特にオレンジ色のレンガが印象的です。
s_IMG_1893.jpg
s_IMG_1887.jpg
台湾でもポケモンGOをしている人が多く、注意書きがあります。
s_IMG_1889.jpg
こちらは、建物基礎部分です。
s_IMG_1885.jpg
s_IMG_1886.jpg
日本統治時代の写真。この当時から雰囲気がありますね。また昔と建物の形状は変わってないですね。
s_IMG_1890.jpg
s_IMG_1891.jpg
文学館ということですが、中文の書物が展示ばかりで、内容がわからない部分も多いかと思いますが。建物の雰囲気を味わうのもよいかと思います。ぜひ3大建築物の一つでもありますので、一度、じっくり見てほしいですね。
関連記事
       
  
                
      

Comments 0

There are no comments yet.
けんいち
Admin: けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

【兄弟ブログ】
・おいしい台湾!!(台湾に来たらココ!! )
 https://oitaiwan.jp

・台湾の気になる景色
 https://oitaiwan-pic.com
おいしい台湾!!(台湾旅行情報) - にほんブログ村
Twitterもフォローお願いします!!
【台南】史跡・歴史的建造物