おいしい台湾!!(台湾旅行情報 )

【台南】「湯徳章紀念公園(民生緑園)」日本人の像がある公園

2017/06/20
【台南】史跡・歴史的建造物 0
台南・日本統治時代建物

  台南は、銅像もしくは、廟に祀られている日本人が三人います。一人目は、台湾に東洋一とも言 われる烏山頭ダム建設をした日本人技師「八田與一(はった よいち)」、二人目は、「飛虎将軍廟」に祀られている軍人「杉浦茂峰」(関連ブログ:http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-247.html)、三人目は、今回紹介する坂井徳章です。残念ながら日本人でこの三人を知っている人は、少ないかもしれません。

 坂井徳章の銅像がある場所は、 湯徳章記念公園というロータリーの真ん中にある公園です。徳章(日本名:坂井徳章)氏の記念公園になります。日本統治時代には、「大正公園」という名前でした。

 さて、
坂井徳章とは?
 坂井徳章は、第二次世界大戦終結後も弁護士の立場から台湾に残り、台湾人のために生きようとした人物でした。中国国民党統治下で発生した二・二八事件において 、台南学生をなだめ、国民党軍の報復によって台南学生が虐殺される事態を防ぎました。その結果、台南学生・市民を庇う過程で、国民党軍により市中引き回し、この公園(大正公園)にて処刑された人です。
  戦後「民生緑園」となり、德章氏の死から51年後の1998年2月28日に「湯徳章紀念公園(中国語版)」と改められ、德章氏の胸像が設置されました。2014年には德章の命日である3月13日を台南市の「正義と勇気の紀念日」に制定され名誉回復を果たした。

公園名:湯徳章記念公園

場所:

 s_IMG_2829.jpg
昔はこの場所に、孫文像がありました。今は何もありません。経緯は、URLで・・・。
http://news.searchina.net/id/1524954?page=1s_IMG_1905.jpg
2017年時点には、もう台座もなくなってました。
s_DSC00180.jpg
後ろから見た坂井徳章像
s_IMG_1906.jpg
正面から見た像
s_DSC00181.jpg
s_DSC00184.jpg
s_DSC00182.jpg
s_IMG_1908.jpg
 標識を見てみるとわかりますが、公園を中心に多く大きな道路が集まっています。中心に坂井徳章がいて、多くの人が慕っているような感じがしてなりませんでした。
s_DSC00179.jpg
2017年6月18日に福岡市内のホテルで開かれた「第15回台湾特別講演会」でも「坂井徳章」が紹介されたようですので、URL
を参照ください。
http://www.sankei.com/region/news/170619/rgn1706190046-n1.html

関連記事
       
  
                
      

Comments 0

There are no comments yet.
けんいち
Admin: けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

【兄弟ブログ】
・おいしい台湾!!(台湾に来たらココ!! )
 https://oitaiwan.jp

・台湾の気になる景色
 https://oitaiwan-pic.com
おいしい台湾!!(台湾旅行情報) - にほんブログ村
Twitterもフォローお願いします!!
【台南】史跡・歴史的建造物