FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア

 今回は、蘆洲にある廟になります。蘆洲は、台北から黄色の路線で行けます。湧蓮寺という廟になりますが、夜には芦洲廟口夜市が広がります。


廟名:湧蓮寺

住所:新北市蘆洲區得勝街96號

ホームページ:http://temple.lujou.com.tw/

創建:1873年

主神 :觀音菩薩

歴史:
この場所が蓮花の形をした地形の芯にあたることから「湧蓮」と名付けられました。最初は小さい小屋でしたが、十年の時を費やして改築が進められ、 1961 年に社殿の再建築が行われて今の煌びやかな廟の外観となりました。

地図:


こちらが廟の正面です。その大きさに存在感が際立ちます。
s_IMG_5664湧蓮寺
入口の両脇には大きな2体の巨大像があります。
まずは1体目は、右側にある「韋駄天」です。足が速いことの名前の由来になった「いだてん」ですね。
s_IMG_5662湧蓮寺
左側には「関公」です。
s_IMG_5663湧蓮寺
廟の正面には、鶴と龍がいる噴水があります。
s_IMG_5665湧蓮寺
廟正面の噴水と建物を動画で撮ってみました。規模感がわかると思います。

さて建物の中に入っていきましょう。その前に階段を上らなかれてなりません。階段を昇ると(建物の両端部分)、豪華な建物があります。
s_IMG_5688湧蓮寺
こちらが2階部建物正面になります。大きな香炉があります。
s_IMG_5667湧蓮寺
ここから屋根の部分を見てみると、細かな装飾が施されています。
s_IMG_5668湧蓮寺
s_IMG_5669湧蓮寺
s_IMG_5670湧蓮寺
さて廟内に入っていきましょう。その前に廟内の神様の配置位置の案内がありますので確認しましょう。
s_IMG_5671湧蓮寺
まず、最初は佛祖殿です。2階前殿になります。
s_IMG_5672湧蓮寺
中央に観世音菩薩です。
s_IMG_5673湧蓮寺
次に2階後殿になります。國性殿です。國性とは、近松門左衛門の浄瑠璃「国性爺合戦」の題材にもなっている鄭成功のことです。延平郡王とも呼ばれています。
s_IMG_5689湧蓮寺
s_IMG_5693湧蓮寺
次に4階に階段を使用して4階に昇っていきましょう。
s_IMG_5674湧蓮寺
4階部の廊下ですが、提灯があったりと装飾がかなり豪華です。
s_IMG_5678湧蓮寺
s_IMG_5676湧蓮寺
4階部の神々です。
s_IMG_5680湧蓮寺
s_IMG_5682湧蓮寺
s_IMG_5683湧蓮寺
s_IMG_5684湧蓮寺
s_IMG_5685湧蓮寺
s_IMG_5686湧蓮寺
s_IMG_5687湧蓮寺
廟の周りですが、露店の形跡があります。そうなんです。廟の周辺は夜には、芦洲廟口夜市が広がります。まだ夜に行ったことがないので、多分ですが・・・。
s_IMG_5694湧蓮寺
s_IMG_5695.jpg
駅から少し歩きますが、廟とともに訪れてみてはどうでしょうか?





関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
2019/07/21 00:00 【台北】廟 TB(0) CM(2)
コメント
写真見ているだけで鳥肌が立ちました!是非行ってみたいです!
2019/07/21 17:35 LUNA URL [ 編集 ]
Re: タイトルなし
返信が遅くなりすみませんでした。
台湾はお勧めです。
ぜひ、現地で味わってほしいですね。


2019/08/02 17:34 けんいち URL [ 編集 ]















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://satsumabird551.blog.fc2.com/tb.php/692-927ec959
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
24位
アクセスランキングを見る>>
Twitterタイムライン
ブログQRコード
QR
AD
旅行検索