FC2ブログ
台湾旅行のブログ
プロフィール

けんいち

Author:けんいち
行きたくなる台湾旅行のブログを書いています。
お勧めのスポットから穴場のスポットまで、台湾の魅力を伝えます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
カテゴリ
フリーエリア
ランキング
ブログランキング
フリーエリア






 今回は、台南の南門公園にある日本統治時代に建設された旧台南放送局です。同じ公園内には、台湾府城 大南門もあります。
台湾府城 大南門の過去ブログは、こちらです。
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry台湾府城 大南門


史跡名:旧台南放送局(現台南市南門電影書院)

住所:台南市中西區南門路38號

営業時間:10:00-12:30
       13:30-17:30
       月曜日休日

facebook:https://www.facebook.com/tainanfilmarchive/

地図:


歴史:
 1932年(昭和7年)にラジオ放送局として開業。台南放送局は、リスナーがラジオの免許を得て、台湾放送協会に月額の受信料を支払ってラジオを楽しむという仕組みでした。
 2001年に市の史跡に指定。
 2012年から南門映画書院として営業。
-------------
旧台南放送局の場所は、南門路沿いの南門公園内にあります。南門公園内には、台湾府城大南門もあります。
s_DSC_0168台南放送局
こちらが、旧台南放送局の建物になります。現在は、台南市南門電影書院として活用されています。2階部右側の八角形の窓と左側の2階上部の丸窓が非常に特徴的です。屋根の部分は、瓦葺きになっています。
s_DSC_0167台南放送局
こちらが、日本統治時代の写真です。(写真は、Wikipedia参照)ほぼ建物の形状は同じですね。さすがに建物の前は、ずいぶん変わってますね。
臺南放送局wikipedia
それでは、建物の中に入ってみましょう。こちらが入り口になります。
s_IMG_5735台南放送局
中に入って左側に部屋があります。部屋に入って右側には、、古いコードや電線らしきものがあります。これは昔の史跡なのでしょうか?
s_IMG_5740台南放送局
こちらの部屋には、大きな映写機が2台展示してあります。
s_IMG_5739台南放送局
入って右側には、階段があります。今回は2階部分には上がらなかったですが、部屋がありそうです。
s_IMG_5738台南放送局
再度、外に出てみます。横から見た建物です。建物の後ろには、公園らしきものがあり、この時は、子供を連れた母親が多かったです。
s_IMG_5736台南放送局
南門公園内には、旧台南放送局、台湾府城大南門といった史跡があり、また緑の木々が多いですので、史跡と自然を楽しむことができます。旧台南放送局の建物の背後に座る場所もあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加






 今回は、神農老街近くにある西羅殿という廟です。恐らく、神農老街に行くときは夜になると思いますので、こちらの廟も夜ですと、重厚感のある光を味わえると思います。

廟名:南勢街西羅殿

住所:台南市中西區和平街90號

歴史:
 台湾首廟の名前を持つ廟は、五條港区域にあります。この地域は、五條港で最も最初に開発された地域になります。五條港とは、昔、五つの水路があったこに由来しています。現在は、水路が埋められていますが、昔の水路と雰囲気は、以下のようになります。
5條港昔地図
西羅殿 昔 雰囲気
廟の創建は1718年で、郭一族によって建てられました。広沢尊王が祀られています。
地図:

民権路三段、康楽街交差点には、西羅殿の入り口である門があります。夜に来ると街の薄暗さの中にある提灯・電光掲示板の光が非常に印象的です。こちらが廟の正面です。
s_IMG_5799西羅殿
門を超えて、康楽街を歩いてすぐの場所に廟があります。暗い通りの中に、廟の光が非常に印象的ですね。
s_IMG_5800西羅殿
さて、廟内部に入ってみましょう!!こちらが主神の部分になります。主神の上部には壽の文字があります。そしてその周りには、金色の小さな像がたくさんいます。
s_IMG_5801西羅殿
屋根の方をみると、吹き抜けになっています。また扁額がふたつあります。
s_IMG_5803西羅殿
主神の両隣の壁には、光に浮かび上がる龍が非常に印象的です。
s_IMG_5804西羅殿
s_IMG_5805西羅殿
重厚感のある光を味わってみてください!!





このエントリーをはてなブックマークに追加



史跡名:國定古蹟臺南地方法院

住所:台南市中西區府前路一段307號

営業時間:9:00-17:00(月曜日休み)

ホームページ:http://tnd.judicial.gov.tw/hs/

以前の記事はこちら
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-台南地方院

建築様式:バロック様式
   総統府、国立台湾博物館と並び、日本統治時代の台湾3大古典建築と呼ばれている。

地図:





府前路一段を歩くと、かなり印象的な建物を目にすることができます。恐らくこの建物を見て、素通りすることをできる人はいないのではないかと思うくらい心惹かれるものがあります。
s_IMG_5750台南地方院
建物入口付近はさらに印象的です。大きな円柱の柱が4本あり、圧倒的な存在感です。屋根の部分には中華民国(台湾)の国花の梅が金色に輝いています。
s_IMG_5751台南地方院
他の建物外観部分をもう少し見ていきましょう。まずは屋根に部分にある丸窓です。ドーマーです。ドーマーとは、風通しのため、切妻屋根に丸い窓を取り付けている。気候の暑い地域でよくある設計です。台湾での他の建物でも設けられていることがありますよ。
s_IMG_5779台南地方院
臺南地方法院の建物の特徴でもあるドーム型屋根。
s_IMG_5780台南地方院
それでは、入口から入っていきましょう。入口の周辺にも細かな石の装飾があります。
s_IMG_5752台南地方院
中に入るとちょうどドーム型屋根の下の部分のところになります。4隅を3本の柱をひとつに計12本の柱で構成されています。
s_IMG_5757台南地方院
上を見上げるとちょうどドーム状の屋根のところになりますが、光を取り込める構造になっています。
s_IMG_5758台南地方院
右手の廊下を見ていきます。特徴は天井部分にふたつあります。まずひとつめは、採光窓です。採光を取り入れる光の窓が各所に設置されています。
s_IMG_5759台南地方院
もうひとつは、屋根の部分の柱がむき出しになっている部分です。工事の途中のような感じがしますが、これはマンサード屋根の構造がよくわかるようになっています。
s_IMG_5776台南地方院
s_IMG_5777台南地方院
次に展示関係を見ていきます。臺南地方法院の設計者森山松之助の紹介がされていました。
s_IMG_5755台南地方院
森山松之助の台湾での設計した建造物の紹介もあります。日本統治時代の台湾3大古典建築の総統府、国立台湾博物館も彼が設計に関わっています。
s_IMG_5756台南地方院
以下、彼が設計に携わった建築物の記事です。どの建物も素晴らしいです。
・「総統府」記事
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-総統府
・「旧台湾総督府専売局」記事
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-旧台湾総督府専売局
・「旧台中州庁」記事
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-台中州庁
・「旧台南州庁」記事
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-台南州庁
引き続き外観ですが、建物自体は横に長い形ですが、反対側の入り口を見ていきましょう。
s_IMG_5781台南地方院
日本統治時代の写真を見てみると、ちょうど入口の上部には大きな塔があったようですね。
s_IMG_5775台南地方院
永福路一段から撮影した建物。この建物を見れて幸福感を感じます。素晴らしいのひとことです。
s_IMG_5783台南地方院
こちらも日本統治時代の写真と比較してみましょう。塔の有無の違いはあるもののほぼ過去と同じですね。
s_IMG_5774台南地方院
台南に行ったら、國定古蹟臺南地方法院の建物を絶対見てほしいです。この圧倒的な存在感は感動すると思います。

撮影:Canon PowerShot G1 X Mark III




このエントリーをはてなブックマークに追加

台湾のレンタルWIFIなら「jetfi」

*申し込みと使用体験談記事はこちら
http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-671.html


 今回は、台南の旧台南警察署です。台南の円環状の交差点がある湯徳章紀念公園周辺には、日本統治時代の建物が多く残っていますが、旧台南警察署も日本統治時代からの建物で、最近修復されてきれいになりました。戦後、引き続き、建物は警察署として使用されていましたが、今回、臺南市美術館1館となっています。

史跡名:旧台南警察署

住所:台南市中正区南門路37号

ホームページ:https://www.tnam.museum/

設計者:梅沢捨次郎
彼は「林百貨」の設計もしてます。

 *林百貨の記事はこちら
  http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-150.html 
  http://satsumabird551.blog.fc2.com/blog-entry-94.html 

地図:





建物の場所は、湯徳章紀念公園から孔子廟方面の道を歩いていくと、嘉南農田水利会の建物が見えてきます。ちょうどその建物の正面が旧台南警察署になります。修復直後のため、黄土色の外壁が非常に美しいです。
s_IMG_5466tainanpoloce.jpg
修復前の建物の写真です。(写真は臺南市中正区公所ホームページから)
修復前の外壁は赤色ですね。実は、日本統治時代も外壁は黄土色だったようですが、戦後、警察機関において識別を統一するために紅漆が上塗りされました。今回は、日本統治時代の本来の黄土色で修復されました。
10202001旧台南警察署
建物正面の看板は、臺南市美術館1館となっています。この看板ですがあまり目立ちませんが、目立たない故に建物の存在感を邪魔しませんね。
s_IMG_5467tainanpolice.jpg
こちらが建物の入り口になります。今は美術館となっていますので、中に入ることはできます。警察署だと入りずらいですが、美術館だと入りやすいですね
s_IMG_5469tainanpolice.jpg
s_IMG_5468tainanpolice.jpg
最後に建物の後ろです。
s_IMG_5471tainanpolice.jpg
近辺には日本統治時代の建物が一杯残っています。旧台南警察署も忘れずに見てくださいね!!



このエントリーをはてなブックマークに追加


 台湾の中でも台南の湯徳章紀念公園周辺には、歴史ある廟や日本統治時代の建物が多く残っています。今回は、見所いっぱいの円環周辺の建造物のひとつ旧台南合同庁舎を紹介したいと思います。

店名:旧台南合同庁舎


住所:台南市中西区中正路2之1號

直轄市定古蹟

建築物の歴史:
 一番高い中央の塔は、1930年(昭和5年)5月8日に昭和天皇の即位を記念して建設されました。塔は、6階建てで当時台南で一番高い建物であり、火事の早期発見のための見張り台として利用されてました。この中央の塔は、「火見楼」と呼ばれていました。
 その後、1933年(昭和13年)に塔の両側が増築されて合同庁舎となり、消防や警察などの機関が置かれるようになりました。 

*現在は、臺南市消防史料館となっています。

地図:













円環となっている湯徳章紀念公園周辺は日本統治時代の建物が多く残っていますが、円環の外側にある国立台湾文学館から見た旧台南合同庁舎がこちらです。こちらの建物は、2018年末まで修復作業が行われていました。
s_IMG_5821fire.jpg
s_IMG_5822fire.jpg
建物の近くには、旧台南合同庁舎の説明文があります。中文の英文の表記になっています。
s_DSC01660fire.jpg
こちらの説明文は、写真付きの建物の歴史です。昭和5年時点は中央の高い塔だけですが、昭和15年時点は中央の塔と両脇に建物があるのがわかります。
s_DSC01659fore.jpg
こちらが修復後の中央の塔ですが、昭和15年時点の写真と比較しても、ほぼ同じ形状・外観で修復されていますね。
s_IMG_5825fire.jpg
こちらは、建物の入り口になります。入口も趣のある雰囲気ですね。
s_IMG_5824fire.jpg
円環周辺に来たら、旧台南合同庁舎も忘れずに見てくださいね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
お問合せ・質問

名前:
メール:
件名:
本文:

台湾のお得なレンタルWI-FI
レンタル申込みはこちらから
割引クーーポンコード  KENMM888
台湾現地ツアー
にほんブログ村
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
94位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
32位
アクセスランキングを見る>>
Twitterタイムライン
ブログQRコード
QR
AD
旅行検索